生徒の成長のために教員の犠牲が必要ですか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

生徒の成長のために教員の犠牲が必要ですか?

みなさん、こんにちは。

今回は、

生徒を成長させるために教員の仕事があることはわかりました。
生徒からの嫌がらせや中傷などいろいろあっても、こちらが我慢(犠牲に)して生徒を指導していくことも、生徒の成長のためには大事なのでしょうか?


ということです。



正直なところ、あまり質問の意味がわかりませんが、

教員への中傷
 ↓
生徒を指導
 ↓
生徒の成長

という流れをすればいいだけのような気がします。




生徒は未熟な存在であるがゆえに、周囲の生徒、学級、教員などいろんな対象に関して問題を引き起こしていきます
このことは仕方ないと思いましょう。
それを収めるのが教員であり、収められないのであれば、教員が未熟なのです。。。

この点を反省せずに、直視せずにいるのはどうでしょうか?
生徒は未熟な教師に教えられることを我慢(犠牲に)しなければなりませんか?

あなたにも問題があると考えられませんか?