今週は「いじめについて考える」と「成長の3つのキーワード」がテーマです | t-labo(中学校教師の支援サイト)

今週は「いじめについて考える」と「成長の3つのキーワード」がテーマです

今週のtetra塾は

担任コース → 「いじめについて考える」
成長コース → 「成長の3つのキーワード」

がテーマです



担任コースでは2週間の取り組みとして、いじめを取り上げます。
今週はいじめについて考え、来週は「生徒に教える」ことに焦点を当てます。
中学校教員としては、いじめはどうしても避けて通ることができない問題であり、テーマです。

どのように考えて、どういう風に対処していけばいいかを考えてみましょう。
いじめに対して鈍感であってはいけないし、いじめへの考え方がないと学級は荒れてしまいます。
このことをよくよく考えておいてください。



成長コースでは、全10回のテーマとなりますので、今週はすべて「成長の3つのキーワード」となっています。
私の考えでは、この10回でやったことをきちんと教員生活でやっていけば、そのうち「うまくいく教員」になれると考えています。
そうならないのは、取り上げたことをやっていないからです。

それと人には能力の差があって、教員になったときに、20点の人もいれば、70点の人もいます。
そうした差をまずは認識して、埋めていく努力が必要なのです。
その努力のポイントについて書いています。

すぐにはうまくいくようにならないかもしれませんが、きちんとしたサイクルを回すことができれば違うと思います。

ということで、夏休みまであと少しですから、がんばっていきましょうね!