腹を立てないでいいような学級経営をする | t-labo(中学校教師の支援サイト)

腹を立てないでいいような学級経営をする

生徒の言動で腹を立てることがあると思います
その腹を立てるという時には、

1 生徒の言動が挑発的である
2 生徒がこちらの意図通りに動かない

というような2パターンあるように思います
1のパターンは、生徒とにかく鍛えていくしかありませんので、それはある程度我慢するしかありません

今回考えたいのは、2のパターンです



よそのクラスで授業をすると聞き、私はとてもよく内心で腹が立つことはありました
私が何に腹を立てていたかというと、生徒の言動ではなくて、


そんな生意気な言動をする生徒を指導していない担任


に対してです
◯◯したらいけないよ、と言った瞬間に◯◯する生徒もいます
明らかな挑発行為ではあります

そんな行動を授業担に向けて行うというのは、普段からやっているからです
その担任に許されているからです
本人としては、「調子に乗った」だけであり、それが自分の存在を誇示するためなのでしょう。




担任が許しているがために、本人にそうした挑発行動についての罪悪感はありません。
担任が許しているがために、学級全体にそれがNGだという認識も空気感もありません。

だから、挑発的な言動が起こります。


私が担任であれば、そうした行為は絶対に許しませんし、しつこく指導をします
生徒一人ひとりにそれはNGだと教え込みます。
だから、問題生徒が挑発行動を取るためのハードルが高くなり、そう簡単に挑発行動をしなくなります。
しかも、挑発行動を見聞きした学級の生徒たちは「それはまずい」と感じますから、問題生徒の行動に否定的な空気になります。


この差です。





授業で行った時の生徒たちの行動を見れば、普段、担任がどんなことを指導しているのかなんてすぐにわかるのです。
意図的な学級経営によって、挑発行動を許さないことを生徒に教えるわけです。
これも担任の仕事です

と・・・

いうよりは、、、

それが一社会人として当たり前の価値観であるから、教えるのが普通だと思いませんか?
私は普通ですが、、、

それが普通でないという人が多すぎるんですよね。。。
これが実態でしょう。