今週のテーマは「いじめを教える」と「なぜ授業が成立しないのか?」です | t-labo(中学校教師の支援サイト)

今週のテーマは「いじめを教える」と「なぜ授業が成立しないのか?」です

今週のtetra塾のテーマは

担任コース → 「いじめを教える」
成長コース → 「なぜ授業が成立しないのか?」

です



担任コースは、先週がいじめについて考えるでした。
今週はその発展版で、生徒にいじめを教えることになっています。
いじめというのは、

トラブルが起きてから教えるのでは遅い

のです。
事前に教える必要があるのです。
これは問題が起きてしまう前に、何らかの対処をしておく、予防的な生徒指導に似ていますね。

どういう考え方で、何を生徒に教えたらいいでしょうか?
ここをテーマにしています。
とにかく、いじめは先に教えておかないと生徒に話が通じません。




成長コースは「なぜ授業が成立しないのか?」ということで、うまくいかない教員が陥っている現象にフォーカスしていきます。
全部で10回分、つまり2週間の予定です。
特定の教科について取り扱うわけではなくて、授業論としてどういうことが必要で、なぜ、授業が成立しない現象が起きるのかについて書きます。

授業が成立しない状況はいろんなことが絡んでいますので、10回で全部網羅できるとは思っていません。
今回は、うまくいかない人が陥っている代表的な部分を取り上げていきます。

それと、成長コースは、「自分が成長したいと強く思う人」のみを募集しています。
その関係で、書き込みについては、一歩踏み込んだ書き込みを今週からお願いしています。
このことで「書きづらい」と思うかもしれませんが、成長には絶対に必要な踏み込みとなっていますので、それでもやってもらえたらと思います。

「わかりました」では、何の進歩もないと思うんですよね。
申し訳ないですが。
これは成長ではないのですよ。
成長コースで目指したいのは、成長ですから、「成長するための思考」のトレーニングだと思ってください。