「わかった」があなたの成長を止める | t-labo(中学校教師の支援サイト)

「わかった」があなたの成長を止める

質問箱から質問を受け付けていて、その返事をQ and Aに書いているわけですが、おそらく「厳しすぎる」と思う方が多いのかなと思います。
教員をやっていて、同僚に相談したらきっとこんな答えなんて返ってこないだろうなと思いますし、自分がリアルな世界で相談されたら、そんな答えなんていいません

言ってしまえば、リアルな世界って「本音」で教えずに「建前」で教えてあげるわけですよ。
人間関係がついて回るから。

それに相手が「なるほど、わかりました!」ってどこかで言うんですよね。
だから、もっと言いたいことがあっても、本音の部分があっても、そこでやめちゃいます。



私は基本的に「わかりました」という返事を信用していません
それは都合のいい逃げの言葉だからです
私が信用するのは何かといえば「◯◯をまずはやってみます」という行動が伴った言葉です


わかりましたで逃げる人は、一体何をするかわからないでしょう?
わからないから、その人には都合がいいわけです
何もやらないという選択肢もあり、他の人のアドバイス、というよりは本人は説教だと感じているでしょう、から逃げられるのです
だから、私は「わかりました」という人を信用しません

特に、教員で「わかりました」という人は絶対に信用できません




必要なのは次のアクションです
わかったかどうかなんて、次の行動を予告しないとわからないでしょう?
「◯◯をします」というなら、お互いに意思疎通ができたか確認できるわけです。

生徒指導の相談を誰かにした時に、わかりましたという人は何もしない人であり、「◯◯をします」という人は、具体的に本当の意味で行動しようとしているわけです
相談するという行為は、ある程度相手を信頼している証です(ご機嫌取りでなければ)

その信頼してる相手だからこそ、自分も次どうしようかということを話をするわけじゃないですか
行動もしようとしないのに相談するなんておかしい話です
なぜ相談するかと言えば、結局は自己正当化で自分が都合のいいように逃げたいためです

本当は行動なんてしたくないのです
だから無責任に「わかった」と言えるわけですね






「わかった」商法をやる人はこれからも成長はありません
そのことは周囲もわかっています

だから、自分がもしも成長したいのであれば「わかった」は封印して、具体的な行動を相手に宣言しましょう

それによくよく考えてみると、相手に相談したということは、解決したいわけですから、具体的な行動のレベルまできちんと相談しておかないといけないでしょう
この具体的なレベルまで相談できる人は成長していきます

この差ですよね