本当は相手をしてくれる人が欲しい。問題生徒の孤独 | t-labo(中学校教師の支援サイト)

本当は相手をしてくれる人が欲しい。問題生徒の孤独

問題生徒は教員からすると天敵のような存在であり、「学校に来るなよ」と思うのではないでしょうか?
問題生徒は教員から嫌われていることを明確に理解しています
ただ、すべての教員から嫌われているわけではなくて、「問題生徒とうまくやれない教員から嫌われている」という意味合いです

うまくいかない教員というのは、その生徒のことを嫌っているがために、オウム返しのように問題生徒から嫌われるのです
これが真実なのです



問題生徒は学級の中にいると人間関係のトラブルを起こすし、授業にいれば私語でうるさかったり、班活動などでまともにしなかったりするなど、大勢の生徒からすると邪魔者です

うまくいかない教員から見ると、問題生徒は学級なので威張り散らしており、ピラミッドの階層で一番上にいると思っているかもしれません
実のところ、そんなことはなくて、たいていの問題生徒は階層でいうと底辺あたりにいるようなものです


問題生徒はほとんどの生徒から相手にされていない存在であり、ある意味では空気のような存在であり、常に邪魔だと思われているのです
大勢の生徒たちはまともな常識があるからこそ、問題生徒に対して嫌がらせをしないし、問題生徒が暴れてもある程度我慢をしてくれます
でも、問題生徒のことを必要とはしません


問題生徒の立場になって考えてみてください

教員から嫌われ、学級の生徒から嫌われる
授業まともに聞いていないので授業の理解度は低いし、提出物も出さないから成績も低い
進路の時期になればまともな進路が取れないことも薄々わかっている



そんな学校というところに自分の居場所はあるでしょうか?
居場所だと感じられないかもしれないよな学校に、親は毎日行けと言うわけです


こういう風に考えてみると、問題生徒の学校生活というのは本当の意味で楽しいものではないでしょう
周囲から嫌われ、無視され、不必要とされるような存在です
学校という社会から抹殺されようとしているような存在です


自分の居場所がないからこそ、同じように自分の居場所が見つからない他クラスや他学年の問題生徒とつるむようになるのです
問題生徒は問題を起こすことによって、自分の存在価値を周囲に知らしめようとしています




そうしたやり方がまずいことは本人もわかっているかもしれませんが、もうどうしようもないのです
学級に居場所はないし、必要としてくれるクラスメイトもいません
どんどん追い詰められてしまったのです


こういう見方をすると、問題生徒たちに同情したくなりますよね
しかしながら、問題生徒を学級の中で位置付けようとすると、これまたとてつもなく大変であり、下手すると学級が壊れていくようにもなります
大勢の生徒たちがまともな常識を持っているとしてもやはり中学生なのです

できないことが多いので、わざとはみ出そうとする問題生徒のことを救うことなんて無理なのです
だから、学級担任としては問題生徒どんどん学級の中で浮かせていくようにしていきます
浮かせて、空気のような存在にするからこそ、学級での影響力をなくしていき、授業がまともに受けられるような環境を作っていきます




こんな書き方をすると、学級が問題生徒たちを締め上げているような感じに映るかもしれませんが、もともとを言えば、中学校というのは一つの社会です
その社会の中にルールがあり、そのルールは守られるからこそ、社会は成り立つわけで、それをあえて守ろうとしない問題生徒たちが、村八分にされるのは当然なのです
社会というのは自分のわがままではなくて、努力を通じてその一員になるものです


問題生徒たちはここを履き違えてるわけです
その履き違えはもっと小さい頃から、小学校とかでも起きてきたことで、それがまかり通るようなは、義務教育という甘さがあるからですよね
所属している社会が成熟していくにつれて、そうした無法者たちが権限を握れなくなっていくというのが、まともな社会というものでしょう





問題生徒の生き方がどうやっても社会とうまくやれないのです
だから、問題生徒は日々孤独を感じるようになりますし、中学校から上の社会に出ようとしても、その社会からは拒絶されてしまいます
小学校から中学校へは「義務教育」という枷があるので、どんな生徒であっても受け入れられる仕組みです

こうした社会の仕組みを本人たちが学ばずに来てしまったというのが、中学校でどうしようもなくなってしまう要因です
ただ、それでも中学校では教員たちやクラスメートたちが、なんだかんだとかまってくれます
実はこれでさえかなり甘い世界だと私は思います

というのは、中学を卒業するときに進路は明確に拒絶をする学校が出てきますし、高校に進めたとしても、単位を取らないと卒業はさせてくれないし、就職になればまともな就職先が見つかる可能性はどんどん低くなります
そんな現実がうすうすと見えてくるのが中学校の時期なのかなと思います


ですので、問題生徒たちが学校でいきがって問題を起こすかもしれませんが、その心の奥底には、学校で必要とされていない孤独というものが大きく横たわっているのではないかなと思います
問題を起こしてにくたらしいかもしれませんが、それは自分の存在価値を一生懸命アピールしようとする命の輝きなのかもしれません

孤独を抱えてるとしても、やはりルール違反は迷惑ですね
とても難しい問題です