パーソナリティ障害の疑いの生徒と関係がこじれてしまいました。どうしたらいいですか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

パーソナリティ障害の疑いの生徒と関係がこじれてしまいました。どうしたらいいですか?

みなさん、こんにちは。

今回は、(一部略)

現在中3の女子生徒についての相談です。
その生徒は非常に優秀ですが、人格面にやや難があり、おそらく境界性パーソナリティ障害と思われます。
具体的には非常に仲の良かった人のことを突然最低の人間だと言い出す、普段は非常におとなしいのだが、(周囲から見れば)非常に些細なことで突然激高し周囲が戸惑うほど怒りを爆発させる、「消えてしまいたい」「将来何も希望がない」などの発言を繰り返す、母親に対してかなり憎しみがあるようで母親の悪口を言い続けるなどの特徴があります。

中1の頃はそれなりに友達もいたのですが、周囲も次第に異常性に気付いてきたようで、どんどん友達がいなくなり今は一日中ほとんど、一人で過ごしているようです。

私はその生徒が中1の時に、パーソナリティ障害の傾向があることに気付き、問題が深刻になる前になんとかしたいという思いから積極的に話しかけたりしていて、最初はかなり信頼を得ることに成功していたのですが、私が他の生徒とも仲良く話をしていることに不満を持ったようで、突然私のことを無視するようになり、その一方で他の生徒にいかに私と仲がいいかを自慢していたようです。

それでも私は気にせずに話かけてその生徒とつながりを持とうとしていたのですが、その生徒が中2の時に、その生徒の態度があまりにも無礼だったので、「先生に対してその態度はおかしい」とやや厳しく注意したところ、その生徒を怒らせてしまったようで、周囲に「先生(つまり私)から口説かれた」という噂を流して、私にいやがらせをしてきました。
その生徒とは全く話をしない状態になり、そのまま1年くらい経ちました。

その1年の間に、その生徒は友達とも人間関係のトラブルを起こしてしまったようで、学校では完全に孤立してしまっているようです。
また様々な人間関係のトラブルが原因で勉強にも集中できなくなってしまったようでやや成績も下がってきています。

私が関わるとまた問題を起こされる可能性が高いので、同僚の女性の先生に頼んで悩みを聞いて欲しいと言ってみましたが、他の先生もその生徒とはかかわりあいたくないようでやんわりと断られてしまいました。
正直完全に手詰まりなのですが、何がよくなかったと思いますか?また現状で何が出来ると思いますか?


ということです。



生徒想いで、とてもいいことだと思います。
質問者さんは男性教員で、生徒は女性ですね。


さて、何が一番問題かというと、

あなたはパーソナリティ障害などを判定する専門家ではないということです。

あなたが生徒想いかもしれませんが、何の専門性もないのに生徒に関わったことはかなり罪深いことでしょう。
例えるなら、「君の車が心配だ。ぼくに修理をさせてくれ。でも、俺は整備士の資格とか何も持っていないけど、君のことが心配だから」という感じですかね。
そうやって車を勝手にいじりまわした挙句、壊してしまったかのようなものです。

車の修理をするなら、整備士などの専門家に任せるべきです。
パーソナリティ障害の疑いがあるのなら、なぜ専門家に受診を進めなかったかです・・・。




なぜ、養護教諭が薬を出したり、治療をしないかと言えば、専門家ではないからです。
判定ができないし、治療もできないから、専門医(医者)につれていくのです。
それと同じで、疑いがあるなら専門医に受診させるのが教員がやるべきことです。

そのことが書かれていないので、わかりませんが、ただ書き方的には受診していないでしょうね。
専門医で相談するから、本人の特性が本人、保護者が理解するのです。
そうして、保護者、本人と担任などが話し合いの場を持つから、「どうやって学校生活を送ればいいか」を相談して、学校側のサポート体制を作るのです。
学校のサポート体制があるから、周囲の生徒たちが理解をしてくれたり、トラブルが起きたときに理解をしてくれたりして、その本人が救われるような状況ができるのです。


教員として、、、そうした発達障害などの疑いを持ったなら・・・。
うーん、、、残念で仕方ありません。
生徒が不幸になってしまいましたね。




とはいっても、保護者が責任をもつことであり、教員が悪いと決めつけたいわけではありません。
問題に気づいたから、「自分で何とかする」という発想がまずいですね。
なんでも自分でできるなんて思ったら、おしまいです。

あなたが自分でなんでもできると思ったから、その生徒の心をかき乱して、余計な混乱を生み、その生徒が孤立するのを助長してしまったかもしれません。
2年生のときの「口説かれた」トラブルも、あなたのそうした「自分で何とかする」態度が思わせぶりだったのかもしれません。
あなたが専門医ではないがために、やってはいけないことを平気で何度もズカズカとやったのでしょう。

あと、、、男性教員が女子生徒のために個人的に何かしようとしたら、当然のように「わいせつ」「セクハラ」「口説き」という風に捉えられますよ・・・。
この辺の意識を持たないと、冤罪をでっち上げられます。
自分が男性ということをきちんと意識して、絶対に勘違いしないような関わりをしないといけませんし、できるなら女性教員も関わる形でやらないといけないですね。




それと、、、、パーソナリティ障害がある生徒に対して、「先生に対してその態度はおかしい」と厳しく注意するのもやりすぎですね。。。
これも専門家ではない、知識がないからこそ、突き放すこと、混乱することを平気でやってしまった例ですよね。

という感じで、説教ばかりになってしまいましたが、まとめると、

・自分でなんとかできる考えたこと
・専門知識がないにも関わらず、自分の知識でズカズカとやってしまったこと
・男性教員が女子生徒に近づきすぎたこと
・専門家に受診させなかったこと

といった部分はかなりまずかったと思いますし、そのせいでかなりまずい状況に生徒を追いやったと思います。
「生徒想い」と書きましたが、、、、

都合が悪くなったら、あなたは逃げましたね
生徒想いなのか、、、微妙です
この逃げもまずいです。自分勝手です。

専門家ではない女性教員に、彼女の面倒をおしつけるのもいけません。
何の効果もありません。





質問者さんのことが嫌いだから書いたわけではありませんが、対応としてはかなりまずいです。
しかし、それはそれで仕方ない部分もあるので、「次同じようなことがあったら」という形で考えてください。

今後の対応ですが、とにかくやるべきことは、専門医への受診です。
その検査で、何が得意で、何が不得意であるか、どうなるとパニックになるのかをきちんと調べないといけません。

何よりも怖いのは、そうしたことを調べずに高校に入ったときには、周囲とうまくやれずに退学に追い込まれてしまうことです。
発達障害などは、教員の理解がないとまずうまくいきません。
その子が高校に進学する時には、「こういう診断が下って、こういうことが苦手、これは避けて欲しい」など中学校側から配慮事項を伝えることが必須です。


教員としての思いやりからの行動だったと思いますが、私的にはやってはいけないことのオンパレードだったと思います。
専門家がどうしてすごいのか、どうしてそれでお金をもらってやっていけているのかを、今一度考えてみてください。
そして、教員とは何の専門家なのかを考えてください。

決して、発達障害の専門家ではないですよね。
これが答えであり、今後とも同じようなことが出てきます。
以前ブログ記事で書いたことがありますが、やってはいけないこととして、「生徒を発達障害だと決めつける」行為を挙げました。

専門家ではないからです。
素人だからです
勝手な思い込みで、偏見でそうした生徒に関わると、逆に傷つけることが多々起こりますし、周囲に偏見を持たせることや、保護者やその生徒に不信感を持たせることにもなります。

ぜひ、専門医への受診を勧め、その結果を元に校内体制を整えて欲しいと思います。

ベテランの教員がたくさんいる中でこうしたことが起きているのであり、質問者さんの責任だと責めたいわけではありませんので。