結局、言葉が生徒に響かないのは、こういうことなんですね | t-labo(中学校教師の支援サイト)

結局、言葉が生徒に響かないのは、こういうことなんですね

みなさん、こんにちは。

今回は、

「結局言葉が生徒に響かない教員」とは?
いつも記事で勉強させていただいております。ありがとうございます。

>結論を言えば魅力がない人間なので、生徒がいうことを聞かない及びなめるなどの現象が起こるわけです。
>同じことを言ってもやっても尊敬している教員が言えば生徒の反応もちがうわけで・・・・。

誰から見ても魅力ある教員(人間)になるために修行しなければならないということですね。  


ということです。



ようやく答えにたどり着きましたね。
おめでとうございます。
その通りです

あなたに魅力がないから生徒に通じないのです

教員の仕事なんて「勉強したくない生徒に勉強を教える」「学校や集団生活のルールを教え守らせる」「生徒が起こすトラブルを解決する」といった、(問題)生徒にとっては嫌なことをするのが教員ですから、魅力が必要なのです

長くやり取りをしていると思いますが、初めて真理に到達したのではないでしょうか。
これこそが「生徒のせいでなくて、教員のせい」ということです
この気持ちを忘れないでください



そして、

・教員に必要な「魅力」とは
・自分に足りない魅力とは
・どんな行動や考えが自分の魅力を下げているのか

を探求してください

ここがあなたのスタートラインです