指導力不足教員の認定制度をどう思われますか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

指導力不足教員の認定制度をどう思われますか?

みなさん、こんにちは。

今回は、

指導力不足教員の認定制度をどう思われますか?


ということです。



はっきり言ってしまえば

そんな教員は首にしてしまえ

です。申し訳ないです。
以前、指導力不足教員の認定を受けた教員が在籍をしていて、センターで研修を受けながら、年に1回?学校に授業をしにきていましたが、当然ながら散々でした。
テレビでの特集も見たことがありますが、指導力不足教員というのは、もともとの学力、人間力が根本的に足りない人だから、どうやっても教育現場で通用しないんです。

それだけです。

そんな人間を雇うから、指導力不足教員が発生するわけです
それなのに、首にできないんですからね
不条理です




市民はそんな人間を雇った教育委員会を訴えるべきです
これこそ顕著な税金の無駄遣いです
ただ、、、おそらくですが、教員採用試験の2次の面接は人手が足りないので、教育委員会だけではなくて、県庁などの職員も駆り出されていると思いまして、その人間たちも「変わっている」から、とんでもない人間を「良い」と評価をするという話も聞きます
採用試験なんていい加減過ぎるシステムです


どうしてここまで厳しいことを言うかというと、

指導力不足教員に教わった生徒たちが可哀想
指導力不足教員と一緒に働く学年団、教員、管理職が可哀想

なのですよね・・・。
指導力不足教員に担任はもたせられないし、授業でさえも崩壊するし、校務分掌はろくにできない。
何もしない足手まといが学校に配置されて、他の教員が代わりに仕事をどんどんしなくてはいけなくなります
邪魔ばかりする、そんな感覚になります

生徒たちからすると、学級崩壊や授業崩壊した幼少期を過ごすのは可哀想ですし、学力・人間力が伸びません
「あの教員が担当でなかったら、人生違ったのに」となるんですよ
まさに悲劇ですよね




しかも、落ち着いている地域であると、そんな人間がどんどん送り込まれてきて、本来であるともっと学校が良くなる、生徒の学力はもっと伸ばせるのに、そういう教員が多く配属されるために、伸びていかなくなってしまいます
不幸ですよ

そもそもの実力がない教員を採用するべきではない
これが一番です
それなのに、、、採用する教育委員会は頭がおかしいとしかいえませんね

文句を書いたわけではなくて、これは一緒に働く教員が思っている想いです。
指導力不足教員はこうしたことを全く理解もしませんので、辛いものがあります





さて、

指導力不足教員の認定制度の研修では、いろんなことを教わると思いますが、そういう教員は何よりも自己分析ができていないから、そこをしないと難しいでしょうね
自分のどんな力が足りていない、主観と客観の差があるといった現実を知って、何をどうしたらいいのか、といったことを謙虚に受け止めて、能力を伸ばしていくことです

この部分をいかに謙虚に、吸収できるのかがポイントになりそうですが、教育委員会の人間がどれだけの力量があるのかということのほうがより重要かもしれません。
公務員という立場である以上、首にならないわけですから、ぜひとも研修で力をつけて欲しいというのは、同僚教員一同の素直な思いです
同僚たちも、そういう教員にいじわるをしたいわけではないので。

この部分はよく勘違いされるようですが、指導力不足教員は周囲のことを全く理解できずに、自分中心に物事を考えるから、自分が何を引き起こしているかを理解せずに周囲を延々と攻撃するんです
そんな状況だから、そういう人たちは「周囲が冷たい」「周囲が迫害する」と言うわけです
実際には、あなたが言われる嫌味の10倍は、あなた自身が問題を起こしていますよって言いたくなるわけです

研修制度があるからこそ、がんばって力をつけてもらいたいですね。

最後に、こういう言い方をすると大変いい加減で失礼かもしれませんが、中学校の仕事は無理だから、研修センターの職員、市や県の関連施設、特別支援学校、特別支援学級などと、違った環境の場所へ異動させてもらうのがいいのではないかと思います
自分の適性が合う場所を見つけるのも生き方の1つです