学年主任ですが、学年団の教員の言動が許せません。どう思いますか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

学年主任ですが、学年団の教員の言動が許せません。どう思いますか?

みなさん、こんにちは。

今回は、

何度か質問箱に書かせていただいておりますが、いつも素早くそして的確な御回答をいただき感謝申し上げます。
さて、夏休みになりふとひとりになった時に感じたことがあり、どうしても質問したくなりここに書かせていただきます。

私の学校は全学年のすべてを男性教諭が担任しています。
私は教員経験は20年を越えており学年主任です。

本題ですが、担任の後ろ向きな姿勢や発言が気になっています。
生徒を軽視しているというか、なにかにつけて面倒くさい、だるいと表情に出したり、会話に出したりすることが多いのです。
私は担任が働きやすいように、そしてそれぞれの担任の教員としての考えや持ち味を発揮できるようにと考えてここまでやってきたつもりです。

夏休み前のQ-Uの結果や生徒アンケート結果を見ると担任と生徒の関係は悪くはありません。
担任はそれなりに信頼を得ていると言えます。
しかし、裏で(職員室など)で生徒を馬鹿にしたり、生徒のことをクズだ的な発言をしているのを聞いたりすると、イラっとします。

担任は経験10年が2人と新規採用から3年目の若手です。
最近私自身が親目線で生徒に接したり、学校運営を考えたりすることが多くなったこともあり(年齢的に年をとったということだと思います)こうした担任の姿勢に我が子がこんな担任に教わっていたとしたら嫌だよなと思うようになりました。

こうした雰囲気を絶ち、もっと明るく、もっと生徒を大切にする職場にしたいと思うのですが、それを言葉で伝えることができていません。
学年主任の仕事は生徒を育てるという視点より、教員を育てるという視点を持つことが大切であると、以前の回答に書かれていてハッとしたのですが、私は同僚(大人)を教育すること苦手感があるようです。
もやもやした想いを書き綴ってしまいましたが、この夏休み中にやるべきことがあれば教えてください。長々と失礼いたしました。よろしくお願いします。


ということです。



私は教員のことを「嫌い」だと思うことはほぼなくて、その当時「嫌い」な教員がいました
(私が考え直す、接し方を変えることで1年後には嫌いは解消されました)

その教員をどうして嫌いなのかというと、職員室で「◯◯はやる気がなくて、だめ」なとど誰かが発言したときに、「生徒に悪い人間はいません!」と猛烈に怒り出すのです
「そんなこと言ってはいけない」と。
「生徒はみんな素晴らしいのだ。文句言うなんてありえない!」

教員にとって職員室はオフレコの場であり、息抜きの場でもあるのです。
その場所でも、多少の生徒の不満を言うことさえ許さない同僚がいるのです
当然のように、生徒にはそういった類のことは言いません

職員室で愚痴くらい言ってもいいじゃないかってことです
しかし、その教員は許しませんでした。

その結果どうなったかというと、職員室は殺伐として人間関係が悪くなりました
自由な発言が許されなくなったからです
言論統制がしかれたような状況です





私は本当に許せなかったです
教員も人間であり、多少の愚痴はある
それを共感する中で深まる人間関係もあるし、そうした吐き場がないと溜まる一方で、どこで発散したらいい?となりますし、

「いつ人間に戻れるんだ? いつまで仮面をかぶり続けるのか?」

となります。
職員室ではちょっとは息抜きくらいはいいでしょう?
それも全員ではなくて、隣近所の息の合った人に話すくらいですから。

だから、「やる気がない」「めんどくさい」という発言も当然ながら出て来るでしょうし、それを実際にやるかどうかは別問題
教員は真面目な律儀な人が多いから、発言とは別であるわけですよね
それに、めんどくさいということをどうやってめんどくさくなくすかを考えるのも仕事でしょう


というようなことを思い出しましたね





質問者さんの言われることは、同じようなことで「ああ、正義面しているわ」と思います
職員室でもいちいちそんなことを学年主任が思っていると、その学年は最悪ですね

息抜きもできない学年
それが今後も発展していけるか、良い人間関係を保っていられるか、それは疑問です

学年主任であるなら、率先して職員室では息抜きができるようにすること、面倒くさいという気持ちを自然と前向きにするような環境や雰囲気を作ることでしょうね。
今のあなたは正義面をして、口には出していないかもしれませんが、不平不満を溜め込んでいる顔をしているでしょうし、そのオーラも出しているでしょう




あなたの正義感は教員として大事かもしれませんが、前線で頑張っているのは担任であるのに、どうもなあ、という気持ちです
担任はあなたの管理的側面が強すぎて、あなたの「生徒のため」という思いが強すぎて嫌な思いをしているのかなと想像します

「生徒のため」というのは、学年主任が一番強く持っていることは当然ですが、そのための「行動」があるから、教員がついてくるんですよね
その行動の部分の勘違いが、今回のような「教員に向かう」のは本当に痛くて、「生徒に向かう」ことが必要です
生徒との関わり方、生徒指導で毎回学年主任が出てくる、いつも学年主任が泥をかぶって担任を立てるといった形で、「生徒のため」を実践して欲しいなと思います

学年の雰囲気は、あなたが醸し出している不協和音もしれません

続き → 続・学年主任ですが、学年団の教員の言動が許せません。どう思いますか?