教員として力をつけたいと思ったら | t-labo(中学校教師の支援サイト)

教員として力をつけたいと思ったら

教員として力不足を感じる、もう少し力をつければ通用するようになるのではないか、と感じている方は多いと思います
そんなときに何が必要なのかと言えば、

「情報」

です



いい情報を手に入れるから、知識がつく、実践してみようと思えるわけですね
そんな方おすすめするのは、tetra塾(Synapse(シナプス) - tetraの教師力アップ塾)です
tetra塾では毎週テーマを決めて掘り下げていくスタイルを取っています

担任コースでは、どうしても必要なことやそれをどこまでやればいいのかを取り上げています
担任というのは、毎年決まった仕事をするわけで、それをどこまでやるかを知っているかどうかは大きな差になります
それを1年かけて学んでみましょう、というのが担任コースの目指すところになります


成長コースはけっこう辛口かもしれませんが、「本気で力をつける」ためにまとまったテーマを本音で書いています
ブログでは言いたいことを書いてはいますが、ここまでテーマを決めて書くことはありませんので、学びは多いと思います




こうやってテーマを決めることで、色んな情報を漏れがないように書こうと思えるので、ブログの単発記事よりもはるかに情報密度が高くなると思います
tetra塾が気になっている方も多いと思います
「4月になったら」と考えているかもしれませんが、おすすめはすぐに入ることです

というのは、

今知ったら2学期が変わるから

早く知れば知るほどに変わることができるのが情報のすごいところです
あなたの教員生活にテコ入れがしたいのであれば、すぐです
情報は待っていても手に入らないからです

自分から手に入れたいと思うから、どんどん情報が集まってきますし、その気持ちがあなたの現実を変えていきます
本気で力をつけたいと思う方はいますぐをおすすめします
 → Synapse(シナプス) - tetraの教師力アップ塾