問題生徒の心理と順番に指名する場合を教えてください | t-labo(中学校教師の支援サイト)

問題生徒の心理と順番に指名する場合を教えてください

今回の質問は、

こんにちは。いつも記事更新を楽しみにしています。
役立つ記事をありがとうございます。
質問したいことがあります。

①成績はいいけど、生活態度が悪い問題児も中にはいます。
もともとの能力が高いので、真面目に授業を聞かなくてもそれなりに勉強はできるのでしょう。
素行さえ良ければまわりからも認められ、建設的なことで頑張っていけそうですが、それでもなんでこういう生徒らはヤンキーたちと、つるんで悪さをしてしまうのだろうと疑問に思います。

承認欲求は普通にしていれば十分満たされるはずなのに。
一概にこういう心理だろうとは言えないでしょうが、建設的なことで頑張る力がありながらもおかしな行動をとる生徒の心理はどのようなものだと思われますか?

②授業のとき、席順で指名をしていくと、質問にまともに答えるわけのない問題児が回答の番に当たってしまい、教師が困るということがあると思います。
困った生徒がいる場合、指名の方法はどうされていましたか?


です



①については、

その生徒が「まじめにやるのはかっこ悪い」「何もしないでもできる」など違う価値観を持っているのかなと思います
勉強という面倒くさい努力をしても、誰(特に家族)もほめてはくれないのでしょう
それよりも、ヤンキー仲間のほうが、自分を必要としてくれて、情に厚く、同じような心の痛みを抱えているから、居心地がいいのかもしれません

頑張る力があるのに頑張れないのはおかしい、と思っているのかもしれませんが、それはあなたが周囲から「筋トレをすれば筋肉がもっとつくのに、しないのはもったいない」とか「ダイエットをすればもっといい体型になるのにもったいない」とか言われるのと同じ感覚だと思います
本人にその必要がないからしないだけで、「できるのにやらないのはもったいない」なんて言われても困るだけでしょう

本人の興味や価値観が非行系に向かっているので、どうしようもないと思います
家庭環境の歪みでもあるんじゃないでしょうか(そうやって家族に復讐しているのかも)



②について

順番に当てると問題生徒に当たりますね
問題生徒を排除する考え方ではうまくいきませんから、3択にするなどの答えやすいようにします
不正解を選んだとしても「そうじゃなかったら、どれかな?」と正解になるまで粘ることもあります

割に喜んで答えてくれますし、当たると嬉しそうです
順番に指名していくというのは、生徒たちを授業に巻き込む、参加させる1つのやり方だと思うので、生徒に合わせてハードルを下げて参加しやすいようにするといいかなと思います
低学力の生徒にはわからなかったら「パスでいい」と逃げ道を用意しておいてあげるなど。

こうしたやり方を取り入れることで、生徒たちも教員の思いやりや優しさを実感して、協力的になるものです
すべての生徒に同じハードルを、とやってしまうと、低学力の生徒たちはそっぽを向いてしまいます
指名していくということは、その生徒に活躍の場面を与えると考えて、決して、恥をかかせないようにしたいですね