厳しさ・理不尽さを教える指導についてどう考えますか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

厳しさ・理不尽さを教える指導についてどう考えますか?

今回の質問は、以下のものです

こんにちは。お考えを教えていただきたいことがあります。
先日の記事で、教師はどんな生徒にも優しくあらなければならないという記事がありました。 → どの生徒にも優しくするべきなのか?
他者に対して優しくあることは生徒だけでなく、誰に対しても大切なことだと思います。

【質問】では、厳しさを教えることについてはtetra先生はどのようにお考えでしょうか。
先輩教員が「世の中の厳しさ・理不尽さも教えないといけない」と言っていろいろ強硬的な指導をしています。
理不尽さを教えるためと言って、提出物を出さない生徒がいれば教室で見せしめにして人間のクズのように罵倒し、まわりの生徒にはそれをサポートしなかったのがおかしいと称して連帯責任を負わせ、クラス全員に奉仕作業を強要します。

捻挫で歩くだけで悲鳴をあげている部員に「そんなの練習しながら直せ!」と一喝。
これらが理不尽な指導だとは感じますが、なぜこんな指導が必要とは私は感じません。
自分がやられたら嫌だからです。

さて、これだけパワフルな指導ですが、話術も巧みな先生なので、生徒らはとても慕っています。
私だったらこんな指導はされたくないなと思いますが、これだけ生徒らの心に届いているのなら、私の考え方がよくないのかと思い、質問させていただきました。




書かれているように、自分が正しくないと思うならやらない
それだけでしょう
答えは出ていますね

例に挙げている教員のことは、たまたまクレームが来ないだけか、生徒が我慢強いか、それともたまたま生徒と合っているか、のどれかでしょう
どんな様子かはわかりませんが、リスクが高い指導だと思います



厳しさのことについて、質問されているように思いますが、例に挙げてあるのは書かれてあるとおり、理不尽さです
質問者さんが厳しさを教えたいなら、例に挙げているのは理不尽さですから、話は全然別です
その厳しさとは一体何でしょうか?

その正体が見えてこないのでなんとも言えませんし、私がここで書いても味気ないので、考えてみてください
「優しさ」を大事にしたいなら、「厳しさ」も両立させればいいわけですね
(優しさを大事にすると生徒になめられてしまうと、勘違いしている人が多いので勘違いしないように)


明確な答えを出していませんが、他人のことを見て自分の考えが揺らいでいるようです
そういう場合は、自分が何をしたいのか、何を目指したいのか、自分との対話を深めて見ないと、あれこれと質問をするだけして、結局、いろんなことに振り回されていくだけのように思います
自分の軸をまずは自分で作るところからではないでしょうか?