師事する相手が見つからない時はどうするのか 2 | t-labo(中学校教師の支援サイト)

師事する相手が見つからない時はどうするのか 2

今回は記事が長くなっているので、いくつかに分けてアップしていきます



そして、「誰も教えてくれない」のを「教えてくれるだけの力量の教員がいない」と言う人もいますね
荒れた学校で質問されている人のほとんどは上記のケースも含み、このケースですね
言い換えたら、「すべての教員があなたより力量が下」となります

それなら、あなたは学校で一番の実力者であるので、誰からも教えてもらわなくてもいいとなります
心配不要です

私がこうした方と接して感じるのは、「自分への評価が高すぎる」ということですね
自分が優れていると思い込んでいる、プライドを持っているから、他人のことが適切に評価できず、自分が優秀であるとしてしまいます
その理由の多くは、うまくいっていない現実があるから、そのはらいせとして、自己正当化に走って、劣等感ではなくて、優越感を感じようとしているのでしょう

うまくいかない現実から逃げているとも言えるのかなと。

ということで、教えてくれる教員がいないと嘆くときに、

・そもそも探していない(与えられるのを待っている)
・都合のいい人を探している
・うまくいかない現実から逃げている
・プライドが高すぎる

という要素が強すぎるかなと思います
どうして「お前から学ぶべきことはない」と職員室で叫べるのでしょうか?
この傲慢な感覚には正直なところ、、、理解できません



それと、周囲からいろいろ言われすぎて、何が正しいかわからない、という人がいますが、それは無責任な言い方です
だって、何が正しいかを決めるのは「あなた」だからです
色んな情報を取捨選択して、どれが必要かを決める責任があり、自分の意思決定をするのです

どうしてこうやって「周囲がいろいろ言って悪い!」なんていい加減に周囲を攻撃できるかと言えば、自分で責任を取らないからです
うまくいかない現実を他人のせいにしている
「体罰教員が悪い」「クラブ命の教員が悪い」と言っていれば楽ですよね
そう思いませんか?

でもね、その判断をしたのは「あなた」じゃないですか
それなのに、他人のせいにするっておかしいです
そうやってうまくいかないの他人のせいにして、いいとこ取りしたいだけでしょう?

自分が行ったのだから、自分の責任があるわけ
他人からそそのかされてあなたが万引きしたら「あいつに言われたから!」と他人のせいにするんですか?
怖いですね。。。