記事の追記を読みたい方へ。サポーターの継続方法も | t-labo(中学校教師の支援サイト)

記事の追記を読みたい方へ。サポーターの継続方法も

tetra塾の「教員コース」(2018年3月開始予定)は記事の中についてくる「追記」を読めるサービスがついています
この記事では追記やサポーター継続について説明します
なお、サポーター募集は現在終了しています



1.追記記事とは何?

例えば問題生徒のタイプに合わせて対応を変えて行こう。各タイプの対応つきの記事では、問題生徒のタイプとして追記記事に5タイプへの対応方法を書きました
この追記記事は特別長いものとなっていますが、普段の記事にさらに突っ込んだ内容として追記を記載しています

ブログの在り方を少し変えていき、一般開放の部分は少し簡潔になっていきます
その代わりに、追記記事の部分でもっと踏み込んで行こうと思っています
そのため、一般開放の部分で十分中身は理解できます

あとは自分でどういうふうに実践したらいいか、を考えてもらえればいいわけですね
「次のワンステップはどうしたらいいのだろう」そう考える人には、追記記事が参考になると思います
そうした、突っ込んだ内容を追記記事の方に入れ込んでいきます

追記を読めるのは教員コースと以前募集していたサポーターのみとなります


2.サポーターの継続

私の活動を支援していただいた方への還元としてサポーター制度を以前行っていました
このサポーターは新規募集をしていませんが、サポーターの方は月額500円のAmazonギフト券の活動支援で、サポーターを継続することが可能です
記事の下部に有効期間が表示されています

この有効期間内を過ぎてしまうとサポーター登録が削除されてしまい、復活することはできません
教員コースに入ることで追記が読めるようになります


現在、サポーターを募集していませんので、活動支援をいただいてもサポーターになることはできませんし、いかなる理由によっても返金を行いません






3.教員コースで追記を読む方法

教員コースの方には、tetra塾の掲示板にて登録ページなどのご案内をしていますので、そちらをご覧ください


※ 登録されたメールアドレスはあくまでもログイン用として使うだけのもので、それ以外の用途には用いません。期間がすぎると一切残さずにすべて削除します
※ パスワードはシステムとのやりとりになるので、私には表示されることはありません

各記事の追記が読めるというものであって、毎日の記事の投稿保証するものではありません
記事作成については、今まで通り毎日更新をしていきたいと思いますが、多忙な時など更新が滞る可能性もあります

よろしくお願いします