t-laboにログインして追記記事を読む方法 | t-labo(中学校教師の支援サイト)

t-laboにログインして追記記事を読む方法

教員コースとサポーターの方は、t-laboに購読者としてログインして、塾生のみの追記記事を読むことが可能です
どのように登録し、どのようにログインするかを説明します



1.ユーザー登録

まずはユーザー登録をします
ユーザーに関することは基本的に以下のページからすべて行います

新コースの塾生とサポーター専用のログインページになります 関連 → 記事の追記を読みたい方へ サポーターになりませんか? 登録やログ...

ユーザー登録は、ユーザー名とメールアドレスが必要になります


この2つを入力したら登録ボタンを押してください
そうすると自動返信メールが送られてきます

この段階でまだログインはできません
私が手動で承認しなければパスワードが送られてきません

承認に関しては、記事の追記を読みたい方へ サポーターになりませんか?に書いたように登録したユーザー名が、「新コースのユーザ名」か「活動支援の名前」のどちらかに合致しない限りは、承認されることはありません
500円以上の活動支援をいただいた方は、還元として30日間ログイン可能です
活動支援の方法はこちら → t-laboの活動支援について

メールはwordpress@teacherlabo.comから送信されてくるので、拒否設定しないようにお願いします
メールアドレスの登録がいやだという人は、新たにGmailを登録するなどで対応ができます


※ メールアドレスはログインに使うものとして、私から個別のメールを送ることは緊急時以外ありません
登録削除を行った時に、メールアドレスもすべて削除いたします


2.ログイン

承認されるとログイン用のパスワードが送られてきます
それを利用して、以下のページからログイン行ってください

新コースの塾生とサポーター専用のログインページになります 関連 → 記事の追記を読みたい方へ サポーターになりませんか? 登録やログ...

なお、ログインのユーザー名は「登録したE-mailアドレス」のことです
セキュリティの関係上、ユーザー名ではログインできない仕様となっています



なお、ログイン後はパスワードを変更することが可能です
最初に送られてくるパスワードは、自動生成されたもので複雑なものとなっています

※ パスワードは私にはわからない仕組みとなっています

ログインすると、各記事の追記の部分が、以下のような表記に変更されて、自動的に表示されるようになります

□□ ここから塾生専用です □□


ログインしていないときは、表示ができませんのような形で読むことはできないので、ログインを行ってください



3.パスワードリセット

もしも、パスワードがわからなくなった場合にはユーザー名とメールアドレスを入力することで、パスワードを再取得することが可能です



4.ログアウト

一度ログインすると、ある一定期間はログインが続いた状態となっています
この状態で何か不具合があるかといえば、何もありません
ログインしたいという方は、下記のログイン関係のページから、ログアウトをクリックすることで可能になります

新コースの塾生とサポーター専用のログインページになります 関連 → 記事の追記を読みたい方へ サポーターになりませんか? 登録やログ...


5.削除

登録ユーザーを削除したいという時には、管理者権限が必要なので、お問い合わせフォームから申請をお願いします

下記フォームからお問い合わせができます ※ 名前はハンドルネームで構いません

ただし、以下の場合は自動的にユーザー登録が削除されます

・新コースの塾生をやめたとき
・サポーターの期限が過ぎたとき



6.お問い合せ

登録関係ではシステムから自動的にメールが送られてきますが、それは自動返信用メールなので、そのメールに返信してもメールが届きません
お問い合せをしたい時には、サロンのページか、以下のお問い合わせページをご利用ください
下記フォームからお問い合わせができます ※ 名前はハンドルネームで構いません

回答に関しては、サロンのページではサロンに返信を、ブログの問い合わせではブログ上で返信させていただきます
原則的には、私からメール送ることはありません
不具合に関しては、指摘をいただければその都度修正していきます

よろしくお願いします


7.その他

追記記事に関しては、ログインユーザーでなければ読むことはできません
新コースの塾生になっても「メールアドレスを登録したくない」という場合には、読むことができません

サービス立ち上げ初期には不具合が想定されますので、ご理解とご協力をお願いします
関連 → 記事の追記を読みたい方へ サポーターになりませんか?