今週のテーマは「昼時間を見直す」と「人権意識をしっかり持つ」です | t-labo(中学校教師の支援サイト)

今週のテーマは「昼時間を見直す」と「人権意識をしっかり持つ」です

今週のtetra塾のテーマは

担任コース → 「昼時間を見直す」
成長コース → 「人権意識をしっかり持つ」

です


1.担任コース

今週の担任コースは先週に引き続き「昼時間を見直す」をお届けします
毎日繰り返す昼時間だからこそ、きちんとシステム化しておきたいものです
普段の運営がいい加減なレベルだからこそ、学級がだらけてしまうし、壊れてしまう原因を作っています

昼時間で大切なことは何かといえば、教室をきれいに保つことと、教員が来ない時のトラブルをどうやって発見するかです
それをきちんとシステム化して、安心安全な学校生活が守られるようにしていきましょう

2.成長コース

今週の成長コースは先週に引き続き「人権意識をしっかり持つ」です
中学校というのは人権侵害の嵐であるので、この認識を持ち、人権侵害をなくさない限り安心安全な学級生活はないと考えてください
担任として一人前になるというのは、結局は学級における人権侵害をきちんと根絶できることになるわけです

そのためにどうしても避けて通れないのが、年度当初の動きとなっていきます
問題が起きたら対処するという後付け理論ではうまくいかないのです
こちらがこういう学級経営をしたいから、こんなことはNGだと生徒に突きつけ、自ら発見して取り締まっていくことが必要です

みなさんの実践の中でどういうふうにしていけばいいかを考えてみてください



3.あれこれ

新しく機能追加した、記事リクエストについても早速反響がありました
どういう形で書いていくのがいいのかわかりませんが、思いついたままにとりあえずやって行こうと思います
リクエストの仕方が具体的であるほうがやはり楽だなと思っているので、運用していく中でお願いを出すかもしれません

1月中は現在の塾生のみなさんに、追記が読めるサービスを無料で開放しています
多数のご登録をいただきありがとうございます
1月中という期間限定のものになりますが、どういうものかお試しいただけたらと思います

この追記が読めるサポーター制度は、新コースである教員コースを立ち上げるまでのつなぎ的な位置付けがあります
3月上旬には教員コースの募集ができると思うのですが、その段階でサポーター制度を継続するかどうか、を現在は考えています

この辺は反響次第なのかなと思っています
サポーター制度をやめると、管理や設定がさらに楽になるのでメリットがあります
常に私が楽をすることばかり考えているような気がしますが、機能を増やすとその分いろんな設定が必要になってきて、結構大変な部分があるんですね
それとともに、教員コースに入るメリットを最大化するためにも、サポーター制度をなくす方はいいのかもしれないとも考えています




どうしていくかは、教員コースをスタートさせる3月上旬と、tetra塾のコースが完全に一本化される9月末の段階での判断になると思います
教員コースの運営が軌道に乗るかどうかもよくわかりませんが、先々の変化に合わせてやっていきたいと思います

現在のtetra塾は1年間が終了した段階でコースが終了していきますので、

一般コースは3月末で終了、
担任コースや成長コースは9月末で終了

という形で動いていきます
現在の塾生の方には、時期が来た時に案内を出していきたいと思いますのでよろしくお願いします
もちろんのこと、退会はいつでも任意のタイミングでできますので、コースの終了まで待つ必要はありません

よろしくお願いします