宿題は出さなくてもいい? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

宿題は出さなくてもいい?

こういう記事を書いてしまうと怒られてしまいそうですが、中学校においてそんなに宿題が必要ですかって話です
もう怒られそうですね



宿題はそもそも何のために出しているのか
生徒なんて誰も喜びません、というの極端かもしれませんが、喜ぶのは学級の2割程度でしょう
半数は「仕方ないか」と思っているかもしれません

そんな歓迎されない宿題を出したところで、7割の生徒たちは答えを写して出しておしまいです
そんな「どうでもいい扱いをされた宿題」を教員は必至に点検して、転記して、催促をして、説教をして、場合によっては保護者に連絡を入れて、、、馬鹿らしくないですか?
正直なところ、何のために宿題を出しているのか、と言われると、おそらく「成績のため」でしょう

これだけ宿題を出したから、成績については文句を言われないだろう

ということであると思います





それならば、毎週出すような宿題をテスト前に1回だけにしてしまえばいいんじゃない?と思います
成績のために、毎週出すのはしんどいですから

宿題を保護者が出してくれ、と要求する割には、「出したのに、あんたのところの子どもは答えを写しているんだよ」と言いたくなるわけですね
出してほしいなら、出した時にそれに見合うようにやらせてくれと言いたい

まあ、そんなことを考えていくと宿題って本当に必要なのかって思います
成績のためと考えるなら、もう少しやり方を変える方がいいでしょうね

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります