今週のテーマは「1対多の人間関係」と「3年間を見通した教育とは何か」です | t-labo(中学校教師の支援サイト)

今週のテーマは「1対多の人間関係」と「3年間を見通した教育とは何か」です

今週のtetra塾のテーマは

担任コース → 「1対多の人間関係」
成長コース → 「3年間を見通した教育とは何か」

です


1.担任コース

今週の担任コースは「1対多の人間関係」をお届けします
2週間に渡るテーマとなります

人間関係が大事だよといつも書いていますが、その人間関係を1対1ではなくて、1対多で捉えましょう、というのが今回のテーマです
1対多で人間関係を考えられない人が多いので、その第一歩として見ましょう

意識することで人間関係が大幅に良くなることもあります
さあ、実践していきましょう!

2.成長コース

今週の成長コースは「3年間を見通した教育とは何か」をお届けします
力がある教員と力がない教員の差は何かといえば、先の見通しがあるかどうかです
うまくいかない教員は「その場限りの指導」に終始しがちです

力がある教員は「先につながる指導」をするのです
特に顕著なのは、力がある教員は「予防的な生徒指導」に力を入れます
うまくいかない教員はそんなことを考えずに、場当たり的に表面化した問題だけ生徒指導をしようとして、生徒に振り回されます

つまり、力をつけていくためには、先を考えた指導が必要なわけです
今回はその第一歩として、1週間考えて行きましょう


3.あれこれ

いよいよ、教員コース開設申請の許可がおりました
ここから申請を行って、募集ページが完成すると、教員コースがスタートします
早ければ3月1日には募集が開始できるかもしれません

教員コースをスタートさせることは決めていましたが、今はサービスの内容についてあれこれと迷っています
どういう形にするか、今後を大きく左右するので、もう少し迷ってから決断したいと思います
一本化したコースでtetra塾を整理していきます

無料期間を2週間くらい作りますので、興味がある方はお試しをしてみてください
詳細が決まり次第、ブログで告知します