卒業式の髪型と服装違反。残念な教員にならないようにしよう | t-labo(中学校教師の支援サイト)

卒業式の髪型と服装違反。残念な教員にならないようにしよう

卒業式の時にいつも頭を悩ませる問題は、卒業生の服装と髪型はですね
最近は特攻服を仕立て上げてくるような生徒はいないので、服装的にはほとんど問題はないかなと思います
髪型の方は、違反の髪型をする程度であればまだしも、髪の毛を染めてくる生徒はちょこちょこといたりします

それをどうしていくかですね



卒業式に揉める学年というのは、決まって「場当たり的な指導しかしてこなかった学年」です
ので、生徒が悪いというよりは、今までの教員のやり方が悪いと私は考えます
しかし、その学年の教員からすると、生徒が悪いの一辺倒になってしまいます

物事の良し悪しを今まできちんと教えて来なかったからこそ、卒業式というを舞台で生徒たちが大冒険をしてしまうわけです
おかしなことに今まで何も指導をしてこなかった学年の教員たちが、「卒業式はきちんとしないといけない」と卒業式のことだけを熱心にするのもおかしな話です





なぜ卒業式だけ熱心にするかといえば、「表面化」するからです
それだけですね

どういうことかというと、この手の教員たちは学級で嫌がらせやいじめがあっても何も気にしません
何を気にするかというと、物事が表面化するのを嫌っており、表面化した時のみ指導をするのです
卒業式というのは、明らかに表面化するときであり、全教員の目がそそがれていますから、手抜きができないわけです

そんな感じで、普段何もしていないにもかかわらず、卒業式の時だけ取り組みをするので焼け石に水でしょう

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります