tetra塾「教員コース」について説明します! | t-labo(中学校教師の支援サイト)

tetra塾「教員コース」について説明します!

私が運営している「tetra塾(教員コース)」について紹介します

募集ページ → Synapse(シナプス) – tetra塾 うまくいく教員になる方法



tetra塾(教員コース)の特徴は

1 塾の目的(テーマ)は教員力をアップさせるもの
2 ブログ記事の追記部分が読める

以下、教員コースについて説明していきます


1 毎週のテーマ

教員力をアップすることを目的として、毎週テーマを設定して、平日5回投稿します
学級経営、生徒指導、教員としての考え方、スキルなど、一人前の教員力をつけるために、幅広いテーマを取り上げていきます
一部を以下に示します

初期発見と対応-実践
生徒の言い分を聞くメリットを理解する
身の回りの整理整頓
上下の関係から横の関係へ
生徒との人間関係を強化するポイント


2週など複数週に渡るテーマがありますが、週の途中でテーマが終わることはありません
毎週記事を読み、実践することで力がついていきます


2 記事の追記部分が読める

ブログの記事に追記が入っており、教員コースのみ読むことが可能になります

追記で何を書いているかといえば、より教員力をつけたいという方のために、次に繋がるような物を入れ込んでいます
教員コースの塾生以外は追加記事を読めませんが、それは今までの記事と同じで、内容は一段落していますので支障はありません
教員力をアップさせるという強い目的のために、背中を一押ししたいなというものです

追記の運用を始めた当初は、一般開放部分の文量の方が多いことがありましたが、今では圧倒的に追記部分の方が分量が多いです
より踏み込んだ内容を入れ込んでいるので、情報量は圧倒的に追記のほうが多くなっています

なお、この追記記事を読むためには、ブログのユーザー登録し、ログインしなければならず、Eメールアドレスが必要です
Eメールアドレスはログインのためだけに必要であり、私がそれをその他の目的で使用することは決してありませんが、Gmailなどで捨て用アドレスを取得してログインすることをおすすめします
登録に関しては、tetra塾の掲示板に表示しています

ログインユーザーになりたくないという人は登録しなくてもOKですが、追記は読むことができません
教員コースの塾生期間は無料登録が可能で、退会すると登録は削除されます
ブログの追記に有効期間はなくずっと表示されますので、過去記事をいつ入塾しても読めます
(塾内の過去記事は入塾前のものは読めません)

それと、気をつけていただきたいのは、追記が読めるのはあくまでもサービスであり、ブログは毎日更新されることを保障するものではありません
サービスの内容についてはその時の状況に応じて変わることもあります


3 サポートについて

一番悩んだ部分になるのが、サポートです
テーマやその記事に関する部分はサポートがありますが、個別サポートはありません
このサポートがどういうふうに違うかといえば、例えば、「掃除」がテーマだとすると、「掃除がうまく機能していません。~~~のような状況ですが、どうすればいいですか?」といった形でテーマに関するものであれば、それについてフィードバックを行うなど、サポートがついてきます

しかし、「今日、学級で生徒が暴言を吐いてきました。どうしたらいいですか?」という形で掃除のテーマと関係ないものにはフィードバックは行いません
あくまでもテーマに関係あるかどうかになります
もちろん、書き込むことを自体は自由ですので書いていただいて構いませんし、他の塾生さんがそこにフィードバックするのは自由です

他の方の意見を聞きたいという形での交流もありだと思うので、自由に書き込みをしていただけたらと思います
質問をすることで力は伸びていきます
時に、鋭いコメントをするかもしれませんが、それも成長には必要であると考えてもらえたら幸いです



4 募集人数と予約

募集方法などをあれこれと考えて試行錯誤を繰り返しましたが、いつでも参加可能としました



5 なぜtetra塾が必要なのか

tetra塾は有料サービスとなっています
「無料ではないのはおかしい!」「教員力をつけたいと言いながらお金を取るな!」と感じる方は多くいると思います
このことについては、無料だからできること、有料だからできることがあると考えてください

例えば、あなたが給料そのままで、土日も生徒を呼び出して授業をしなさいと言われたら嫌ではありませんか?
あなたが生徒に授業をするのは、お金をもらっているからですね
労働の対価です

それと同様にtetra塾の運営には時間と労力がかかっていて、それを無償でやれと言われると続きませんし、途中でいい加減になると思います
有料であるからこそ、いい加減な運営はできませんし、だからこそ、きちんと学びがある場を提供できると考えています

無料と有料では、参加者さんの気持ちは全く違います
無料だと「体よく利用すればいい」といういい加減な気持ちになる方が多いです
校内研修などでは、実際に人件費が発生しているにもかかわらずいい加減に参加する人が多いのは、無料だからでしょう
しかしながら、有料で自主的に参加した会などには、心構えから違うでしょう

教員としての経験、ブログを運営する経験などを通して、教員力をつけたい人に必要なのは「本気」だと考えるようになりました
本気がないと、教員力なんて伸びないからです
無料のブログ記事を公開することで「自由に使って欲しい」という思いとともに、本気で学び教員力を高める場を作りたいとも思うようになりました

tetra塾はそうやって本気で学びたい、自分を高めたいと考えている人のための場と定義して、有料で責任あるサービスを始めました
そのため「お金を払ってでも学びたい」というリスクを取ってでも学ぶ勇気、覚悟が必要です
そこまで覚悟をもって参加できるのであれば、多くのものを身につけることができ、教員力を高めることができると思います

教員力を本気で高めたいと考えている人をお待ちしています


6 あなたがtetra塾に入る意味

「有料サービスなんて入る意味ない」
あなたはそう断言するかもしれません

しかし、あなたにとって大事なことは少しのお金でしょうか?
教員としてあなたは生きていくことを決めた瞬間に、あなたはいち早く一人前の教員にならないといけません
そうしないと、あなたは日々が辛いし、生徒も不幸せであり、学級では人権侵害が横行してしまいます

それが現実です
教員として力をつけることが最優先であり、今のあなたの環境でそれが実現できますか?
うまくいかない学級経営、うまくいかない生徒指導、うまくいかない人間関係、そうしたものの根本的な原因を教えてくれて、なおかつ、ここから何をしたらいいか、どういう考え方をすればいいか、誰か教えてくれるでしょうか?

うまくいかない原因、考え方、解決方法がなければ、毎年同じようなことが起きてしまいますし、あなたにはどんどん「変な癖」「通用しない考え方」、さらには「自己正当化」「自己愛」が身についてしまいます
そうなっていけば、あなたはどんどん退化して、成長できなくなります

この認識はありますか?

誰かに導いてもらう、これこそが教員力をつけるために必要なことなんです
だから、私は常に、「周囲の人に聞きなさい」「なんでも相談しなさい」と言っています
tetra塾に入る必要はないのです

しかし、周囲に力がある教員がいない、誰にも相談しないあなたはどうするか、それは考えてみましょう

7 その他

教員の方はネットで自分の身元がばれるのではないかと恐れている方も多いと思います
synapseや次のDMMのシステムでは、確かに登録時には個人情報が必要となりますが、塾生の掲示板などでは個人情報は一切必要ありませんし、表示もされません
表示される名前はハンドルネームでOKです

SNSの登録も必要ありませんので、教員の方にも気軽に仕えるシステムとなっています
塾生以外の方が掲示板にアクセスできない仕組みとなっているのも、安心だと思います


私は記事を投稿するだけが仕事であり、みなさんの個人情報は一切管理しませんし、アクセスもできません
それゆえに、入退会やお金などのことに関してはSynapse(DMM)の管轄となっており、私に相談されても何もできません
この辺の事務的な部分に私が一切ノータッチであるのも、私にとってはメリットが大きい点にもなりますし、みなさんの安心に繋がる部分ではないかと思います



終わりに

手探りで始めたtetra塾は、今回の改編で一定の形は決まったのかなと思っています
試行錯誤を重ね、よりよく改良してきたつもりです
その中でいろいろとご迷惑をおかけしました

教員コースに一本化することで、参加も容易になるでしょうし、私の運営も楽になり、より集中できる環境が整うはずです
今後は教員コース一本のみでやっていき、さらなる教員力アップのためにやっていこうと考えています

本気で学びたい方のみを募集しています。みなさんの参加をお待ちしています
募集ページ → Synapse(シナプス) – tetra塾 うまくいく教員になる方法