生徒はあなたを信じて後ろに倒れることができますか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

生徒はあなたを信じて後ろに倒れることができますか?

教員の研修で2人1組で行うワークを受けたときのことです
その中で、相手を信じてそのまま後ろに倒れる、そしてもう1人が必ずその相手を受け止める、というものがありました

これは相手のことを信頼しなければ絶対にできないことです
生徒はあなたのことを本当に信頼して、後ろに倒れてくれるでしょうか



別にやれということではないのですが
学校教育の中でとても大事なのは、生徒のことをがんじがらめで縛るのではなくて、学校と生徒が信頼関係で結ばれているということです
学級に目を移せば、担任と生徒がきちんとした信頼関係で結ばれているかです

あなたは本当に生徒から信頼されていますか?




信頼されているというのは、あなたが「◯◯をしなさい」と言ったら、生徒は疑問を挟まずにその通りに動くかということです
信頼されていない教員というのは、生徒に「◯◯しなさい」と言ったら、生徒がすぐには動かないでしょうし、「何でそんなことをしないといけないのか?」と疑問や反発をするでしょう

あなたの場合はどうですか?
この基本がないとかなり厳しいのです

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります