進路指導の矛盾にあなたは気づいていますか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

進路指導の矛盾にあなたは気づいていますか?

進路指導する時に、進路担当や学年、学校の方針として「行きたい高校を第一希望にする」というような方針がありますね
しかし、この方針は明らかな矛盾を含んでいますよね



それがどんなときにわかるかといえば、低学力の生徒が進学校に行きたいといったときに、「君の学力では無理だ」とストレートに言わないにしても、おそらく難しいと言うし、受けないほうがいいと回避する方向で話をするでしょう

しかしながら、あなたは最初の段階に行きたい高校を第一希望にしなさい、と言っているわけです
そう言いながら、なぜか生徒が「ここを第1希望にしたい」と言うと急に反対し始めるのです




この矛盾にあなたは気づいていますか?
築いていないとしたら、とんでもなく鈍感であり、日常から矛盾することやっているでしょう

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります