生徒の問題を放置すればするほど、教員間の仲は劇的に悪くなる | t-labo(中学校教師の支援サイト)

生徒の問題を放置すればするほど、教員間の仲は劇的に悪くなる

不思議なものですが、生徒の問題を放置していればいるほどに、学年の中の雰囲気は悪くなっていきます
あなたは実感することはありませんか?



どうしてそうなるのかは、普通に考えてみたらわかりますよね
生徒が問題を起こせば、それを解決するのが当たり前です
授業中に妨害した生徒を指導すると反発した、生徒が暴言を吐いた、生徒が他の生徒殴った、いじめが起きているなど、こうした事態が起これば教員として対応するのは当たり前です





しかし、それを対応しない教員(中途半端なことしかいしない教員)がいると、学年内のまともな感覚を持った教員は、とても居心地が悪くなり、消化不良感を毎日抱えるようになります
また、問題を放置していれば、生徒がどんどん荒れて行きますので、それも他の担任からするととても嫌なわけです

当然なのですが、生徒の問題を放置してはいけません

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります