今週のテーマは「年度始めをきちんと乗り越える」です | t-labo(中学校教師の支援サイト)

今週のテーマは「年度始めをきちんと乗り越える」です

今週のtetra塾のテーマは

「年度始めをきちんと乗り越える」

です



今週のテーマは「年度始めをきちんと乗り越える」です
新年度のスタートはドキドキ不安とともに、ワクワク期待をもたせてくれます
いろんなことが決まることもあり、実は1年間で一番重要なときであり、流されないように自分の要望を明確にしましょう

それが叶うかどうかはわかりませんが、どういう1年間になるかはスタートである程度決まる部分があります
そうした意識を持って年度始めを見直してもらえたらと思います

——————-




今週でようやく1年間が終了ですね
みなさん、お疲れ様でした
春の陽気とともに、短縮授業で肉体的、精神的負担は少ないこの時期は独特の空気感がありますね

それとともに、転勤がある・なしのあれこれといった、内部の人事・政治的なこともあるので、落ち着かない部分もあります
学年末の終了業務とともに、新年度に備えつつ、ゆっくりと休息を取りましょう

tetra塾の教員コースは無事にスタートを切り、驚いたことに定員が埋まろうかという勢いです
ありがとうございます
どうやったら効率よく、着実に教員力を高めるお手伝いができるか、それを追求していきたいと思います




この追求はずっと考えてきているテーマですが、それは生徒と同じで「学び」を自分で深められるかだと思っています
受け身で授業を受けてはなんにも意味がないように、参加者さんがどうやったら受け身にならないのか、を考えて、なんとか仕組み化をしたいと思っています

tetra塾をやっていると、授業の在り方も「学び」の成立をどうやってしたらいいのかなと最近考えていて、学びの共同体について書籍を購入しました
勉強と学びの違いは本当に興味深く、私自身、効果がない実践をしていたなと反省するとともに、どうやって改善するのかについて考えています
そのうち、どこかで取り上げられたらいいと思いつつです