定員割れの高校にも魅力はあります | t-labo(中学校教師の支援サイト)

定員割れの高校にも魅力はあります

今回は感想をいただきました

定員割れする学校は魅力がないで質問したものです。
魅力のない倍率の低い学校 = 底辺学校 = やる気のないサボってばかりの教員って書いてしまい、困らせてしまいすいません。
このように私が書いてしまったのは定員割れする学校は魅力がないとテトラさんが書かれていたので、それは学校の実態もあるし、進学校から異動により底辺高校に来た人もいて公立高校は先生の異動も激しいし、魅力がない学校というのは少し違うだろうと感じてしまい、前回のような質問をしました。

定員割れをしやすい工業、農業、商業高校でも魅力のある学校は沢山ありますし、大卒が当たり前の時代になっており、普通科希望の生徒がたくさんいるから職業系の高校は定員割れが起こるように感じます。
なので定員割れの高校が必ずしも魅力がない学校であるとは思わないでほしいです。
わたしは中学の教員として色々な高校の説明会にも行っていますので、どれも素晴らしいと思います。




感想としていただいたので、ご紹介させていただきました

話題になっている「学校の魅力」というのは、本当に難しいことですね
教員一人では学校の魅力が作れず、とにかく管理職がどう考えるかです
管理職 = 社長 と考えると、公立の中学校はろくな人間はいないので、魅力のない中学校ばかりになっています




ある高校は公務員特化コースを作った、ある高校が高校野球で甲子園で成果を出したなどで、倍率や偏差値が一気に上がったと聞きます
学校の魅力とは、少なくとも他の人が見て明らかにわかるものでなければ、評価されないのはあるとは思います
中の教員がどうであるか、それは別問題とは思います

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります