その声かけは、あなただったら嬉しい? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

その声かけは、あなただったら嬉しい?

生徒と良い人間関係ができないと悩んでいる人は多いです
そのときに、声かけをしないとだめと私は言うわけですが、

「声かけをやっているけど、よくならないんです!」

と言われます



そのときに、私はあなたに言いたい

「あなたが生徒だったら、その声かけは嬉しいですか?」


例えば、「おはよう!」と声かけたのを「声かけをしている!」と主張する面白い方がいます
「俺は毎日声掛けしているんだ!」とね

もしも、あなたが生徒だとしたら、毎日「おはよう」とだけ声をかけてくる教員のことが「この人はすごい!なんて良い人なんだ」って思いますか?
嬉しいですか?
信頼しますか?

ってことですね
どうですか?




生徒は「どうでもいい」程度の捉えではないでしょうか?
人間関係とは相手のことを考えることです
「自分がされて嫌なことはしない」「相手の気持を考える」といったものが前提にあるはずです

あなたは思考停止して、その前提がどこかに行っていませんか?

人間は自分が興味・関心・取り組んでいることの話題がしたいし、その話題の中心は「常に自分」でありたいわけです
釣りが趣味な人には釣り話をしましょう、いつも言っていますが。

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります