アクティブな授業展開をする前に考えたほうがいいこと | t-labo(中学校教師の支援サイト)

アクティブな授業展開をする前に考えたほうがいいこと

次期指導要領の目玉と言われるアクティブラーニング
そのために、今からアクティブな授業を展開したいという人もいると思います
しかし、その前に考えておかないといけないことがあります



それは何かといえば、

アクティブな授業は学級の成熟度がいる

ということです

アクティブラーニングによって、学級が立ち直ったと本が多数出ています
しかしながら、そう簡単な話ではないのです
アクティブな授業展開をするためには、練られた授業案が当然必要ですが、アクティブに活動する学級が必要だからです




なぜなら、アクティブな授業展開は、生徒にとっては楽ではないからです
むしろ、黙って授業を聞いている、好き勝手私語をしている、寝ている方が楽です
それがアクティブラーニングであると私は考えています

その理由は・・・

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります