生徒には自分の責任を取らせるようにしなさい | t-labo(中学校教師の支援サイト)

生徒には自分の責任を取らせるようにしなさい

ただ何となく学級経営をして、ただ何となく授業をして、ただ何となく生徒指導をしている
おそらく、うまくいかない教員の日常というのはこんなものでしょう
そんな日常で、生徒は一体どんな力をつけるのでしょうか?



教員にはノルマがあります
そのノルマが多すぎるので、そのノルマをこなすだけで手一杯になってしまっているように思います

教員というのは、生徒を育てるのが仕事であり、ノルマをこなすことが仕事ではないのです
言い換えるなら、教員の仕事というのは、方向性を持っていなければいけないのです
その方向というのは、もちろんのことを生徒を育てるになります

当たり前のことですが、この当たり前ができていない




日々のノルマをこなすだけでは、生徒は成長していきませんし、いつまで経ってもあなたの学級は、あなたの授業は楽にはなりません
なぜかといえば、生徒には自分で自分の責任を取らせるようにしなければいけないからです
この部分を忘れてしまうと、生徒は身勝手なことばかりするようになります

詳しくは以下で考えてみましょう

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります