生徒の実態を話すことは暴言なのか | t-labo(中学校教師の支援サイト)

生徒の実態を話すことは暴言なのか

「生徒が授業に全くやる気がない」「提出物を全く出さない」という話をすると、
『生徒の暴言をやめたほうがいい』と注意されることがありました

これは暴言なのでしょうか?



かなり不思議だなと正直思うのですが、その教員にとっては暴言なのでしょう
まあ、確かにその教員は授業がどうであるか、生徒がどうであるかについては、職員室では話をしません

しかしながら、その教員はことあるごとに他の教員への不満を漏らします
「今日、年休取りやがった」とか「クラブで成果を上げてみろや」とか。
それが暴言ではないのか、とさえ思うわけです




何が正しいのかはよくわかりませんが、
私の感覚からすると、教員の実態についての情報交換は暴言ではなくて、次のステップのためのヒントをもらうための位置づけです
生徒への暴言、というよりも、ここでは陰口になりますが、「あの生徒はクズで生きている価値がない」といった、人間否定になると考えます

さらにいえば、教員への陰口は、教員間の人間関係に影響をもたらしますから、それは大きな影響でしょう
生徒の悪口を言ったとしても、それは教員間の人間関係をこじれさすものでないでしょう
私の感覚でありますが

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります