あなたが魅力がない教員である理由とその対処法について | t-labo(中学校教師の支援サイト)

あなたが魅力がない教員である理由とその対処法について

若手の教員で悩む人は、

「自分の魅力ってなんだろう」「自分の個性ってなんだろう」

ということではないかと思います
生徒とうまくいかないのは、「魅力がないから」と私はよくいいます



魅力とは、その人の考え方であり、今までの生き様であると思います
いい加減に生きてきた人は、生徒から信頼されない「不誠実な教員」になります
自分のことばかり考えてきた人は、「身勝手な教員」となり同僚たちが迷惑する存在になります

こうしたことを考えていくと、

うまくいかない教員ほど、今までの人生で何か熱心にやってこなかった、ただなんとなく生きていたという人が多いと経験的に思います




人の人生を否定するようで申し訳ないですけども
教員になる人は、多くの人は「他人に迷惑をかけず、いい子で生きてきた」ケースが多くて、その中で常に「無難」な道を選び、「人から怒られない」ような生き方をしたのではないかと思います
もっというなら、自己満足で、他者と関わることなく、なんとなく生きてきたのではないでしょうか

ですから、

個性というものが感じられない「いい子」のままであり、周囲・生徒からすると「なんの魅力もない」「個性のない」教員になっているかもしれませんね

どうしたらそこから脱却できるかといえば、

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります