勘違いしてほしくない、とっても大事なこと | t-labo(中学校教師の支援サイト)

勘違いしてほしくない、とっても大事なこと

みなさん、こんにちは。tetraです。

最近、コメントフォームからコメントを頂くことが増えてます。
ありがたいです。
それと、やはり、多くの方が苦戦している実情があるようで、ぼくもブログを通じてできる限りのことをしていこうと思います。


さて、今回はとっても大事です。

結論を書けば、

ブログ読んでも、行動しなければ意味がないってこと

です。
いってみましょう!



苦戦している教員のために、自分や他人の経験やノウハウを元に記事を書いています。
この記事はきっかけやヒントであって、読んだからといってすぐに、自分の抱えている問題が解決するわけじゃないんですよね。

そもそもこうやって書いているぼく自身、「うまくいかないな」「こうしておけばよかった」「腹立つ!」ってことはあります。
大なり小なり、みんな同じです。


でも、それなりにうまくいってます。問題が長引くことはないし、あまり揉めません。
嫌味だったら申し訳ないです。

どうしてかというと、行動しているからです。




うまくいかなかったことはどうしてか、原因を考えて違う対処をします。
生徒に注意して、相手が納得してなかったらやり方が悪かったと考え、言葉選びの仕方によっては謝ります。


試行錯誤の連続なんですよね


ですから、100%毎日がうまくいくってことってないはずで、試行錯誤して、生徒ともに成長して、学級としていい方向に進んでいくって感じです。


同僚でうまくいってない人が何人もいますが、ぼくとの違いは何かというと、この試行錯誤だと思うんです。
試行錯誤して、失敗の連続がデータベースとなって、生徒の対応パターンが増えていって・・・の繰り返し。






つまり、


このブログを読んでくださっている方は、とにかく実行してください。


ここです。
ビジネス書で「残業0の方法」とか「自分が成功する」とか、果ては「投資で大成功」みたいな本がありますが、読むだけでは何の効果もありませんよね。
実際に実行してみる、これなんです。

でないと、現実世界は何も変わりません。

うちのブログで使えるなと思ったら、すぐに試してください。めげずに繰り返してください
そうしたことが教師力となっていきます!

自分を信じてやっていってください!