生徒をクラブ漬けにしたからといって、生徒の人生が好転するわけがない | t-labo(中学校教師の支援サイト)

生徒をクラブ漬けにしたからといって、生徒の人生が好転するわけがない

今回は少し極端な話かもしれませんが、人生を生きていく上で、どれだけクラブ活動のことが役に立つでしょうか
クラブ活動というのは主に運動部を指しています

反発されることはわかっていますが、それでも1つの見方として書きます



スポーツを熱心にやっていると、確かに、高校から推薦はもらえるでしょう
そうなると、高校ではそのスポーツばかりを熱心にやるようになり、体力的にしんどいので授業中に寝るなど、授業をないがしろにしていく生活になります
そうして、大学受験になると、スポーツ推薦なんてものはなかなかなくなっていくので、行ける大学というのは限られてしまいます

中にはスポーツしかしてこなかったから、いわゆる、誰でもはいれるFラン大学に行くことになるでしょう




これは一般的なルートではないでしょうか
目先のことだけしか見なければ、勉強が苦手な中学生にとっては、スポーツをやること、極論、スポーツに逃げることによって、高校は確保することができます

しかし、長い目で見ると、プロのスポーツ選手になれる人というのは少ないし、その種目も限られています
狭き門であり、そこそこ頑張っている程度では、将来の足しにはならないのです
現実問題、学力の方がよっぽど幅広く将来に対応できます

しかも、スポーツの世界に身を置くと、勝ち負けばかりにこだわりを持つようになり、
豊かな人間性は失われていく生徒が多いのが現実です

この見方は私の偏見かもしれませんが、部活動ばかり生徒にさせるのは考えものだと思っています

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります