放任主義というのは、生徒から逃げる言い訳 | t-labo(中学校教師の支援サイト)

放任主義というのは、生徒から逃げる言い訳

教員の仕事は「生徒を育てる」ことですから、タイトルのとおり、

放任主義なんてありえません



嫌でも、常に生徒と関わり続けて、関所として存在し続ける必要があります
それが中学校教員の仕事であり、宿命です

うまくいかない教員が何をしているかといえば、その生徒から逃げています
だから、うまくいかない

単純な構図です




学級や授業というのは、「問題生徒たちの作り出す無秩序」との戦いであり、それを放任したら終わりです

繰り返しですが、単純です
うまくいかない教員は「今は忙しい」「放任主義だから」と生徒から逃げるわけです

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります