スマホが気になって仕方ないのは中毒・病気 | t-labo(中学校教師の支援サイト)

スマホが気になって仕方ないのは中毒・病気

生徒が学校にスマホ持ち込むことは、これからどんどん問題化していくことであるし、学校側としても対応を考えていかないといけない大きな問題だと思います
そもそも、なぜスマホを持ち込むことは禁止なのでしょうか?
校則でだめだから、という答え以外に、あなたの答えはありますか?



校則でだめだから、なんて答えしか言えないのは、それは答えでもないし、あなたは自分で頭を使って考えることができない、無能な教員である証明です
物事の説明原理というものや、生徒を納得させる説明術を身につけましょう

さて、学校にスマホを持ち込むということは、学校で使いたいという意思表示になります
親から何か連絡があったらいけないから、と生徒は見つかったときの言い訳で言いますが、そんなのは親が学校に連絡すればいいだけの話であります

そこまでしてスマホを持ち込みたい理由というのは、いろいろあると思いますが、学校でもスマホが気になるというのは、もはや中毒です
病気です




それに、持ち込むからこそスマホが気になってしまうというのもあります
目の前に、身近に、ポケットにスマホがあれば触りたくなるのが人間の性でしょう
学校というのは勉強する場所であり、修行の意味合いが強い場所で、忍耐力が入ります

だからこそ、不要なもの持ち込まないという校則に合理性があるわけですね
そして、教員としても、スマホの持ち込みは病気の助長という意味合いや、生徒が中毒になっているということを理解して対応したいものです

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります