あなたに必要なことは、まずいことをまずいという勇気 | t-labo(中学校教師の支援サイト)

あなたに必要なことは、まずいことをまずいという勇気

大学生の生活を考えてみると、友人関係なのは自分の好きなように選ぶことができます
木の合う友人に囲まれていれば、思う以上に相手に対する「だめだし」をする機会がなくなるのではないかと思います

つまり、あなたは他人に対してまずいということを今までやってきていないと言えるでしょう



教員になった時に大きく感じるギャップというのは、中学生というのは真面目な事をしてくれないということです
平気で他人の人権侵害をしますし、授業中は私語ばかりしますし、教員に対して攻撃をしてくることさえあります
この現実に大きく驚くわけですね

若手教員がうまくいかないのは、今までやってきたことのない、まずいことをまずいという文化が必要だということです



大人になっていくにつれて、他人を批判することは、リスクでもあり、お互い大人だからという意味で放置していても、問題ないことも多いわけです
だから、まずいことはまずいと言えないのです

しかし、教員になってしまえば、その瞬間からまずいことはまずいと言わなければ、まずいことが横行し、それが学校生活に大きな影響を与え、その責任はすべてあなたにのしかかってくるわけです
まずいことがまずいと言えないことは非常にまずいわけですね

まずはこの勇気を持ちましょう

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります