今週のテーマは「問題生徒に対応していく」です | t-labo(中学校教師の支援サイト)

今週のテーマは「問題生徒に対応していく」です

今週のtetra塾のテーマは

「問題生徒に対応していく」

です



今週の教員コースは「問題生徒に対応していく」をお届けします
このテーマは二週間前に取り上げたものになり、本当は4週間続くテーマたったのですが、私の方が見落としてしまって、途中に違うテーマを二つ入れてしまいました
申しわけありませんでした

問題生徒に対応するに戻っていくのですが、みなさんのイメージは、生徒指導は単発で起こるのような形で捉えているかもしれませんが、生徒指導がなぜ起きてしまうのか、問題生徒がなぜ問題起こすのか、そういったことは、前後の関係、つまり、長い学級生活を中で起きる出来事をなのです

それを生徒指導単発だけで考えてしまうから、生徒指導もうまくいかない側面があると思います
生徒指導をうまくできるようになるというよりは、生徒に安心安全な環境を与えていくこと、それが何を意味するのかを吟味して、精選すること、こうしたことの方が重要であるように思います

生徒指導ばかりに目がいってしまうから、そうした環境を整える事がおろそかになっているように思います
日常生活をどうやってくべきかを、あと2週間続くテーマで抑えていけたらと思います



tetra塾の教員コースの塾生募集は当初の方針とは変更して、随時募集という形にしました
この変更には賛否があるとは思いますが、新しく参加してくれた人もいますし、現状やこれからのことを考えていくと、よかったのではないかと思います

あと2か月で、担任コースや成長コースが終了しますので、その後は教員コースのみでぼちぼちとやっていけたらいいのかなとも思っています
とにかく、どうやったら教員として力をつけていくことができるのか、そのことにフォーカスしていきたいと考えています