どこまで行っても調子に乗ってはいけない | t-labo(中学校教師の支援サイト)

どこまで行っても調子に乗ってはいけない

仕事をしていると、疲れがたまる事も多いですし、生徒の態度によっては気持ちの浮き沈みもあります
そうしたものが日々繰り返されていく中で、ある時は落ち込み、ある時は調子に乗ってしまいます



そういうのが人生だと思うんですが、どんな時でも仕事場では調子に乗ってはいけません
その理由は単純明快で、

その時に失言をしてしまうからです





私自身何度も何度も失言をしましたし、今でも失言をする事はよくあります
そんな浅はかな人間です

失言の問題は、言ってしまうと、収拾が難しいことがあると言う点です
言ったことは、その人が普段から思っていることと周囲は受け取りますから、回収は難しいです

ですので、毎日毎日、今の自分は調子に乗っていないかどうかをチェックする習慣を持ちましょう

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります