先輩教師が全般的に忙しすぎて質問するのを遠慮してしまう部分はあると思います | t-labo(中学校教師の支援サイト)

先輩教師が全般的に忙しすぎて質問するのを遠慮してしまう部分はあると思います

今回は感想をいただきました

若者に肩入れするつもりはありませんが、先輩教師が全般的に忙しすぎて質問するのを遠慮してしまう部分はあると思います。




感想に対して、何かを書くのは少し違うのかなと思いますが、書き込むということは何らしらのリアクションがほしいということでもあるのかなと思って書きます

先輩教員が忙しすぎて質問をためらう、というのは私は正直考えたこともありませんし、実際問題そんなに忙しくないでしょう
どれだけ忙しい教員であっても、授業のない空き時間には無駄話をするでしょうし、暇をしているタイミングはいくらでもあります
しかも、全員が全員そんな切羽詰まってないでしょう

それに普通に考えれば、質問をしたら「ごめん、もう少しあとにしてもらえる?」と言われるかもしれません
しばらく経てば、「さっきはごめん。何だった?」と声をかけてくれます





もっといえば、どれだけ忙しくても、質問をされたら基本的に答えてくれます
そんなもんです

それを忙しそうだからと遠慮しているのは、職業人としてまったく話が違うでしょうね
むしろ、

困っても質問さえできない、なおかつ「永遠に先輩が忙しそうだから」と言い訳をつけるのは能力がない証拠かなと思います

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります