エクセルのVBAは覚える必要はありますか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

エクセルのVBAは覚える必要はありますか?

今回の質問は、以下のものです

エクセル力は割とあるのですが、VBAは覚える必要はありますか?さっぱりわからないので、億劫です




エクセル力を鍛えるべし!の記事を読んでの質問だと思います
中学校において必要なエクセル力というのは、「vlookup」の関数が自由自在に使いこなすことができると、「かなりできる人」になると思います
成績や要録のエクセルファイルは、基本的にはこの関数で成り立っています

VBA(Visual Basic)が必要かどうかですが、私は基本的なプログラミングの流れがわかるので、調べればだいたいできると思います
逆を言えば、調べないと何できません
調べれば成績のシートでは「印刷ボタン」を作ることができますし、1クラス分の印刷処理を1ボタンで実装可能です

私の経験からいえば、この「印刷マクロ」が組めれば、別格ですね
難しくはないのですが・・・。
エクセルで頭角を表したいなら、やはり印刷マクロくらいはできるといいですね




さて、なぜエクセル力がいるのでしょうか?
それは単純明快で、仕事を効率化・省力化をするためには「人力」以外の別の要素を入れ込まないと行けないからです

そのときに、エクセルは主力なります
表計算を用いるものなら、関数を使い、ボタンを作成することでどんどん省力化ができます
タックシールの印刷もエクセル使いますし、そもそも封筒にそのまま住所印刷もエクセルのマクロでいけます

成績のファイルもミスをなくすためには、「条件付き書式」を組み込むことで、外れ値を除外することができますし、MaxやMinを設定することで入力ミスの確認もできます
さらにいえば、汎用的なものを作成すればそれを毎年使うだけで良くなります

良い成績シートがあれは、教科担は「数値をいれるだけで簡単!」となります
ミスも減ります




という感じで、効率化・省力化にはエクセルがいる場面が多く、もっと言うと

エクセルに精通しているからこそ、効率化の具体的なアイディアを生み出せる

のです
ここが大きな差になるのかなと思います
私はエクセルファイルや校内でやっていることを見ると「無駄ばかり」「ここをこうすればみんなが楽できるのに」と思います
しかし、エクセルが使えない人(がほとんどで)からすると、「えっ?そんなことができるの?」なんですね

だから、仕事の効率化が上がらないことが多いですね

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります