学級内の学力差がありすぎて、どうしようもありません | t-labo(中学校教師の支援サイト)

学級内の学力差がありすぎて、どうしようもありません

今回の質問は、以下のものです

今年で二年目の新参者です。 海外で日本語を一年生から十一年生まで教えていますが、今日は七年生(年齢は日本の中学二年生です)についての質問です。
海外の学校ですので、事情は大夫違うと思いますが、よろしくお願いします。

私は現7年生が6年生の時に、30年間教えていらっしゃった先生の後を引き継ぐ形で、本校に勤め始めました。
生徒の多感な時期に教員が入れ替わることは本校では珍しく、(入学から7年生の小学部卒業まで基本的には同じ教師が7年間受け持ちますが、同じ年に担任も変わりました)生徒も不安だったと思いますし、私も未熟なため、うまく行きませんでした。

他の先生方からは「7年生になったら落ち着くから、大丈夫だよ」と言われていましたが、7年生になって落ち着くどころか、完全な授業崩壊です。
度々、クラスの担任や、教頭に相談してみましたが、「そういう年頃だから、頑張って」と言われるのみでした。
そんな時にテトラさんのブログに出会いました。

ブログを拝見し、客観的に考えると、やはり私の授業が面白くないのだと思います。
そこで、授業の難易度について見直してみると、クラスのどこに焦点を当てて導入すればいいのか、わからなくなってしまいました。
というのは、クラスのレベルの差が激しいからです。

学校により、第二言語は様々です。
5年生、6年生で転入してくる生徒が日本語を全く知らないこともよくあります。
今の7年生の半分ほどが、転入生です。

1年生から本校で日本語を一生懸命勉強している生徒は、よくできるので、単語を繰り返し言う練習は退屈ですが、転入生にとってはそれすらも難しいようです。
クラスをレベル分けしてみようと試みたのですが、「時すでに遅し」という感じで、勉強する意欲が全く感じられなくなってしまいました。
クラスの数人は、聞き取りや会話の練習に一生懸命になってくれるのですが、クラスがうるさすぎて、生徒も私の声が聞こえませんし、私も生徒の声が聞こえません。

静かにするように言えば、その瞬間だけ静かなのですが、その後はまたたちまちうるさくなってしまいます。
どこから手をつければいいのか、わかりません。
こういう場合、何に焦点を当てて授業をすればいいのでしょうか。

長いメールになってしまいましたが、ご意見お聞かせください




学級内の学力格差というやつですね
中2になってもろくに英単語が書けない生徒もいますしね
こればっかりは仕方ないというしかない問題です

一番の解決策というか、一番有効なのは、前任者にレクチャーを受けることだと思います
今年だけそうなっているということではないでしょうから
今までどういう形で行われていたのか、何がポイントなのか、どういう教材を使っていたのか、そうしたものを調査する必要があります




授業崩壊するときには、生徒との人間関係が問題であることが多いですから、どうやって深めていくのか、それも大きな問題かなと思います
授業が崩壊しているのに、生徒指導はしていないのでしょうか?
生徒との人間関係や、もしかしたら、生徒とうまくいかない、なめられているなどのこともあります

そうした情報がないとなんとも言えません

生徒ができないことばかりに焦点化されているようですが、こうした人間関係や普段の関わり方にも問題がないかを考えて見る必要があります
そもそも学力差があるから、授業崩壊するのか、であり、そこに教員は関係ないのか、です

教員が生徒に嫌われていたら?
生徒が教員の授業を嫌だと思っていたら?

そうした部分にも目を向けて見る必要があると思います
おそらく向けていないので、そうした記述がないのかなと思います

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります