生徒が不満ばかり言うときに担任としてどうするべきなのか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

生徒が不満ばかり言うときに担任としてどうするべきなのか?

担任をやっていると、生徒が他の授業担の悪口を言うことを耳にすることがあります
「あいつの授業はクソつまらない」「意味がわからない」など。
しまいには「あいつのジョークになんでつきあわされないといけないのか?」と不満たらたら

あなたならどうしますか?



多くの人は「担任の前ならいいや」と考えることでしょう
その心理は「自分が嫌われないならいい」「自分に不満を言えるということは、自分は好かれている」という安心感や優越感があるとも思います
だから、「私の前だけなら不満を言ってもいいよ」と担任が言ってしまいます


難しい部分ではありますが、私は間違っていると思います





というのは、不満というのは言い始めると際限なく出てくるものだからです
生徒が「不満体質」になってしまいます
それは「贅沢病」と同じで、贅沢なものばかり与えると、それ以下のものは受け付けなくなります

不満というよりは「困った」があったときに「解決」するのが、教員の仕事ですから
不満を聞くのは、ちょっと違うんじゃないかなと
生徒のガス抜きだと言いたいかもしれませんが、それが毎日のように繰り返されると、それが常態化して、あなたがいないところで、あなたの文句ばかりを言うようになります

生徒の見方・考え方を変えていくのが教員の仕事かなと思います

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります