学校トラブルでお金で解決するべきもの、してはいけないもの | t-labo(中学校教師の支援サイト)

学校トラブルでお金で解決するべきもの、してはいけないもの

学校ではいろんな問題が起こります
そのときに問題になるのが「お金」が発生するかどうかです



一度恐ろしいのを見たことがあります
生徒指導をろくにしたことがない顧問が部活動中に生徒が遊んでいて起きた怪我で、加害者側に「治療費を払うのが筋」と強要していたことです
論理的に考えれば、確かに、加害者に怪我をさせたのだから、治療費を払うのは当たり前となります

でも、学校教育ですからね・・・。
この理由は記事の最後に書いておきます



さて、お金を払わさせるのは「物に対する弁償」くらいです
相手の文房具を壊した、制服を切った、ガラスを割ったなど

怪我をさせたときには、一番大事なのは気持ちです
ここにお金を介在させるべきではありません

あなたはどういう基準でお金を考えていますか?

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります