作業を手伝えるか、それは仲間意識に大きく影響する | t-labo(中学校教師の支援サイト)

作業を手伝えるか、それは仲間意識に大きく影響する


「自分の仕事さえしておけばいい」

あなたはこの意見に賛成ですか? 反対ですか?



あなたは建前上「反対だ」というかもしれません
あなたが実際にやっているのはどっちでしょうか?

私はブログで、学年に貢献しなさいといつも書いています
その学年の仕事というのは、明確には自分の仕事ではないでしょう
もしも、あなたが担任であれば、担任の仕事さえしていればいいようなものでしょう

「そんな雑用は暇な副担任がやればいいじゃないか」あなたは思うことでしょう
事実そうなんです
副担任がそういう認識を持ってきちんと仕事をしてくれればいいのですが、現実問題なかなかそうはいきません





さて、どうして他の仕事まで関わるようにした方がいいのかといえば、他の仕事を手伝わないと「他人」のままになってしまい、「仲間」になれないからです
そんなことはないとあなたをいうかもしれませんが、現実的にはそうです

事実、何かをしようとするときに、あなたはいないのですから、あなたを仲間だと判断する理由がありません
「同じ学年にいるんだから」とあなたは反論するかもしれませんが、あなたがいないんですから

いない人間はやはり輪の外にいるのです

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります