生徒指導の根底にあるのは生徒愛である | t-labo(中学校教師の支援サイト)

生徒指導の根底にあるのは生徒愛である

嘘くさいタイトルではありますが、生徒に対してふんぞり返っている人ほど生徒に軽蔑されているものであるし、生徒指導がうまくいかないのではないかなと感じています

一言で言ってしまえば、ふんぞり返る人に対して、人は好感を持たないからです



それを「生徒指導は別」と考えてしまうから問題があるわけです
生徒指導なら何をやってもいい、この発想があるから体罰や暴言ができるのです
そのときに生徒は自分の罪を自覚しているから、相手が権力者だから何も言い返してきません

内心は軽蔑していることでしょう




こうした人間関係における機微をわかっているかが、結局は教員力なのです
で、タイトルに戻るわけです
結局は、生徒愛に基づいて言動ができる人が、生徒に受け入れられるし、尊敬されるし、生徒指導の言葉も入るのです

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります