顧問を殺したい。そんな運営をしたらだめ | t-labo(中学校教師の支援サイト)

顧問を殺したい。そんな運営をしたらだめ

生徒にどうやったら根性がつくのか、そんなことが話題になったことがあります
その生徒は運動部で休みもなくひたすら練習をしている生徒でした



そのときに生徒が言ったのは、「顧問を殺したい。そんな気持ちでやっている」というのです
これにはすごく驚きました

その運動部は、毎日やすみもなくひたすらに練習をしている部活動で、だからといって、全国大会に出るような成績は残せない部活です
その部の生徒は校内では時々問題起こすようなことがありました(引退すると一気に悪化する)




ですから、その部の顧問は生徒を成長させているわけではないというのはよく分かっていました
しかし、生徒にそこまで恨まれているとは思ってはいなかったです
この考え方は、シニア野球をやっている生徒にも共通するものなのかもしれません

日々の練習の中で、どんどん人間性が歪んでいくようなことをやっているわけです
だから、学校生活でも同じように問題を起こすようになるわけです
当然の結果といえば当然の結果ですが、クラブで勝ちたいがためにここまでやるというのはやはりおかしいですね

そこまで犠牲にして勝たないといけないのかというのは本当に不思議です
あなたをどう思いますか?

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります