あなたが知らないのは具体的な場面に落とし込むこと | t-labo(中学校教師の支援サイト)

あなたが知らないのは具体的な場面に落とし込むこと

tetra塾の質問であったことを元に、この記事を書いています
いろいろとやり取りをしてみると、みなさんが何に困っているかといえば、

教員としてやることはわかっているけど、具体的な場面に落とし込めない

ってことです



「不法行為を許してはいけない」「学級は安心安全でないといけない」「生徒との人間関係を良くする」といったことはブログを読んでいる方なら誰でも答えられるのかなと思います
問題はこの次です
あなたが明日勤務するときに、上の言葉はどういう場面で発揮するべきなのか・・・ここですね

例えば、授業中の私語を注意してもなかなか効果はないし、注意する分だけ問題生徒との人間関係は悪くなる
こちらがきちんとやろうとすればするほどにうまくいかない
うまくいかない教員と私が失礼ながら書いていますが、そうした方々は実際には良くしようと努力した結果、学級や人間関係をぐちゃぐちゃにしています





皮肉なことなんですが、そうした結果しか生まないのは、具体的な場面に落とし込むことができないからです
学級の安心安全って何? 人間関係を良くするって何?
そうしたことができないから、教員として全然うまくいかないわけですね

どうやったらできるようになるか、そのことについて私は以下に2つの提案をします
1つはとっても簡単でコスパ最高のやり方(私が日々やっている)ともう1つはtetra塾でのやり方。
気になる方は以下を読んでください

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります