週に1・2回ブログ更新のお休みをいただきます | t-labo(中学校教師の支援サイト)

週に1・2回ブログ更新のお休みをいただきます

あえて書く必要があるのかは、よくわかりませんが
ブログ記事を2014年から毎日のように書き続けてきて、毎日更新が当たり前になっていますので、今後もそうだろうとという感じですが、タイトルの通り、週に1・2回お休みをいただこうと思います



本業のほうが忙しくなってきた、というよりは忙しい日々が続いていました
こういう書き方をすると失礼だと感じる人もいるのだと思いますが、ブログやtetra塾は本業ではないです
ので、そろそろ時間の使い方、リソースのかけかたを考えていかないといけないなとずっと思っていました

その結果として、みなさんに見える形では、日刊ブログをやめて、週に1・2回お休みをいただく形にさせていただきます
ブログの更新は割に時間を取られます
お楽しみにしていただいている方には申し訳ないのですが

tetra塾生さんは、追記が読めるサービスを提供しているので「付加価値が下がったじゃないか!」と怒る方もいるかも知れませんが、開始段階から言い訳のように書いてます

なお、ブログの追記が読めるサービスであり、ブログの毎日更新を確約するものではありません


今までの流れだと日刊が当たり前だと思われている部分は申し訳ないです





どのような形にするかですが、日曜日に関してはtetra塾の来週のテーマのお知らせを載せるのみとして、平日のどこかで記事をアップしない日を1日設ける程度とさせていただきます
本業の部分と記事のストックとの関係で整理したいと思います

当面、平日のどこかでお休みをいただく予定です
申し訳ないです


ちなみに、、、運営的にいいますと、約5年間ブログを書き続けているのですが、アクセス数で言えば、数年前からほぼ何も変わらないという状況です(むしろ季節変動が大きすぎる)
ですので、私がたくさんの記事を書こうとも、毎日書こうとも、あいかわらず地球はずっと回り続けている、そんな感じです
落ち着いたものですから、私自身も落ち着いた運営をしてもいいのかなと思ってもいます

その結果として、アクセス数が落ちるのであればそれはそれで、新しい下落したアクセスラインで落ち着くだけのことですから
ブログは検索エンジンから新しい人が来ては去っていく、そんなことを繰り返すのが常であって、そこに定着する人が発生して、定着していた人が出ていく、というサイクルです




そうしたものが見えると、私自身がアクセス数にあくせくしなくてもいいと思えますし、自分なりのペースを考えるのもいいなと思えます
こうした部分は、私自身「歳をとったな」としみじみと感じます
昔ならもっと血気盛んといいますか、ガツガツしていたと思います

それが自然と許せると言うか、もう少し広い視野で物事を考えることができるようになります
教員も年とともに、穏やかになるし、なぜかギャーギャー言わなくても生徒がもっとうまく動いてくれるようになる、という理由はよくわかります

そんな境地になるのか、不思議ではありますが。

ということで、長くなりましたが、タイトルの通り週に1・2回お休みをいただこうと思います
よろしくお願いします