淡々とやっていく、という意味 | t-labo(中学校教師の支援サイト)

淡々とやっていく、という意味

教員を淡々としてやっていく

と聞くとあなたはどんなイメージを持ちますか?



同僚にも生徒にも冷淡に仕事をするろくでなしのようなイメージがする人もいますね
そんなことは当然ながら推奨していません

仕事とは誰かを幸せにするものだから

です
この辺を勘違いしている人は大勢います
うまくいかない教員なんてまさにそのタイプ




さて、

淡々とやっていく、というのは一体何か
それは一喜一憂せずにやっていくということです

この意味を履き違えてしまうと、本当に大変ですし、何よりも学級経営がうまくいかないのです
簡単に言ってしまえば、学級には、生徒には浮き沈みがあるということをきちんと理解した上で、良いときも悪いときにも、担任としてきちんと成果を出す、安定した学級経営を行っていくということなんです

ちょっとしたことにのぼせ上がってしまうと大事なものが見えなくなりますし、何より1年というスパンはとんでもなく長いからです
もう少し具体的なことを以下に書きます

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります