古い備品はどんどん廃棄すること | t-labo(中学校教師の支援サイト)

古い備品はどんどん廃棄すること

長期休暇のときによくあるのが、1年に1回の備品点検です
学校によってそれぞれなんでしょうけども、私の経験上は

「こんな使っていない備品を早く捨てればいいのに」

というものが山のようにありました



ですので、私がやったのは、備品をどんどん捨てることです
ある一定金額以上の購入品は備品になり、管理が必要となります
ただ、管理するといっても耐用年数があるわけですね




ですから、耐用年数を過ぎたものは理由をつけて廃棄する
この辺の手続きは事務との相談になると思いますが、台帳上で廃棄して、そのまま使うことが可能になれば管理の手間が減ります

それともう1つやりたいのは、備品点検が簡単になるように備品は1箇所に保存するということがとても大事になります
備品点検のたびに右往左往するのは時間の無駄ですからね

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります